猫も「呼び戻し」は大切かな?

最近我家のは「寝るよ~」の声に、素直に従って、
一緒に階段を上がるようになった。
(一時はリビングの電気を消しても、付いて来ないし
私が近づくとわざとらしく逃げたりもしていた。)

皆で2階に上がって私とワン達がベッドで横になっても、
暫くは部屋を駆け回ったり、部屋に置いてあるもので一人で遊ぶ事が多い。
でもその後は必ず私にくっついて寝る。(可愛い(^_^))
最近の暖かい日は掛け布団の上で寝ることも有るが、
大体布団の中で上向きで寝ている。

猫がこんなに可愛いとは思っても無かった。

今日、宅配便が午後8時過ぎに来た。
うっかり、玄関ドアを開けたまま応対した。
宅配便のお兄さんが帰った後、そのことに気が付き慌てた

猫の動きは早い。
出たかもしれない?

るいが玄関の思いドアを開けて出るようになって、
一番困るのが、
ふうがその隙間をついて出ること。
で、苦肉の策が、
いちいち玄関のドアに鍵を掛けて外に出ること。

ピンポンが鳴るまでふうはリビングに一緒に居た。
部屋に帰ってみると居ない?
慌てて外や中で、何度か名前を呼んだ。

「にゃぁ~」と言いながら、階段を降りて来た。
やれやれ!(汗) ホッとした!

犬の訓練でも「呼び戻し」は大切。
我が家の黒のドーベルマンのような、凶暴に思われている犬種は特によ。

呼び戻しの基本は、
絶対に叱らないこと!
どんなに腹が立って呼んでも、
側に来たら、絶対褒めること。

が、我が家の猫は褒めてもあまり反応は無いが、
「まんま、要るぅ?」
で、反応する。(煮干し1~2尾ほど)
それが我が家の猫の呼び戻し言葉。(滅多と使わないけど)

でも今日は呼びかけただけで、返事しながら降りて来た。
可愛いねぇ。

寝耳に水のC型肝炎

今日は三ヶ月ごとの検診日。
朝6時半のアラームのセットで起きた。
三匹の世話を終え、燃えるゴミを抱えて7時半頃家を出た。
ラッシュの時間帯なので、1時間ちょっと。

今回も悪い結果は覚悟していた。(前回5項目のHigh
結構ビールを飲み続けていたからなぁ。

が今回 意外とHは2つ。
先生も褒めてくれた。

C型肝炎が分かったのは偶然。
たまたま小さかった息子を連れて行った個人病院で進められ、血液検査。
そこでC型肝炎と言われ、日赤の先生を紹介された。
C型肝炎→肝硬変→肝臓癌→死。
だそうな。
まったくの寝耳に水だ。

血液感染ということで、
手術の経験の無い私がどうしてなのか?
思い当たるのは、子供時代の集団予防接種。
あの頃の時代は、一本の注射器で順番に注射してたものね。
証明しようが無いけどね・・・

長生きしたいとは思ってない。(もう結構長生きだもの)
出来る事なら2匹のワンは看取りたい。
まだ若い猫は息子に託す。

猫の習性

「さぁ~寝るよ~!」の掛け声と共にリビングの電気を消しても、
我が家の猫は此処最近、絶対従わない。
なので、昨夜は何度か誘った後、リビングの電気を消してドアを締めた。
そのままワンと寝室で寝た。
(何時もだったら、時間を開けて再度迎えに行くんだけど)

リビングは、私の居ない間はワンもニャァも入れないようにしてたが
仕方なく猫を残したまま。

「ふう」がうちに来てから今まで、別々に寝たことは無かった。

ま、猫は夜行性だから仕方ないな。
と勝手に理解していた。
であらためて、検索してみると、
明け方とか日が沈む頃、夜行性の小動物が動くらしく、
それに伴い、猫が狩りに動き出すそうな。
なので夜はぐっすり寝て、昼間はうたた寝するとか飼い主とじゃれ合うそうな。

道理で、毎日私の側で朝まで、ぐっすり寝ていたわ。

昨夜は気になりつつもリビングに閉じ込めたまま寝た。

今朝、階段を降りて行くと、大きな声で「にゃぁ~!・にゃぁ~!」と叫んでいた。
初めての一人ぼっちが寂しかったかな?

ま、分からないけどね。
今日はどう出るのかな?

猫は可愛いね!

ちょっと前まで夜12時前後、「さぁ~!寝るよ~!」の合図で、
ワンもニャァ~も私と一緒に階段を上がっていた。

が、最近にゃぁ~だけは従わなくなった。
で、リビングの電気を消し、洗面所の電気を消し、
ドアを少し開けたまま階段下で待ってても、出て来ない。

仕方なくリビングへ行ってみると、挑戦的に私を待っている。
「さぁ~寝るよ~。」と言いつつ、近づくと逃げる。

なので、昨日呼びかけはするけど来ないので無視して電気を消し、ドアを締めた。
(リビングに閉じ込め状態)
(配線関係が心配だけど、興味は無いようなので一か八か)

わざと聞こえるようにワン達に声をかけながら、寝静まる所まで演出。

暫く時間をあけてからリビングに行くと、あっけないほど素直について来た。

ちょっと寂しかったのかな?
結構可愛いじゃん!

猫を飼ってみて、可愛さが良く分かったわ。

重い引き戸も開けるドーベルマン

最初はリビングのドア。
玄関側からリビングに向け、ドアノブを下にさげ押せば開くことを覚え、
洗面所側から入って来れるのにも関わらず、リビングのドアを開けて入って来る。

開けるけど締めることはしないので、暖房・冷房の時期は非常に困る。
なので開けられないようにした。

その後、私の寝室から追い出した時から、ドアノブを下げて引く事を覚えた。
リビングと同じドアノブだが、開く方向が違う。

それから、ゆずを外に出した時や私が外に出た時、
下げて押せば開く重い玄関のドアを開けるようになった。
でも暫くは、出ることまでには至らなかった。
(出た後、間をあけてガチャッと閉まる音がするので、
ドアを押しているのが分かる)

ドアが重いだけあって、開けて返ってくる(閉まる)反動が大きい。
が今は、私が出てドアが締まった後、5秒もしないうちに外へ出て来てる。
なので対策として合鍵を作り、いちいち鍵を締めて出ている。
(郵便物を取りに行くだけでもよ(^^;)
雨の時やその後の濡れた土を踏んで、肉球に泥をためた足で家に上がるのが困るし、近所の人等々色々外に出せないことが・・・

で、これまで開けることが無かった(出来なかった)、
台所から洗面所の間の重い引き戸を、洗面所側から開けるようになった。
レールが少し歪んでいて、開け締めが割と重い。
それも今はクリア。

恐るべし!

でも永遠に開けられないだろうドアノブが一つ。
回して開けるドア。
2階の和室。

ま、よく考えてみれば、ドアノブを変えればいいことよね。
でも引き戸はドアごと変えないとなぁ?