狂犬病予防接種

昨年の狂犬病予防接種の日
たまたま息子が帰っていたのでこの地区の接種会場へ一緒に2匹を連れて行った。
行った時には誰も来ていなくて、私達だけだった。
ただ、毎年の場所の小学校ではなくて、最近出来た新しい場所の支所。

るいとゆずの首輪にリードを付け、ゆずのリードを息子に渡し、
はるいのリードを私が持った。
2匹を車から降ろした途端、るいが興奮して私を引っ張った。
私は予期してなかったので、カバーする力も発揮できないまま
引っ張られて転んでしまった。
誠にブッサイクな話。

私は毎回一人で連れて行っていたし、フィラリアの薬も2匹を一緒に
病院へ連れて行ってた。
それで何も問題なかった。
が、昨年のあの時は息子が居たので嬉しかったのか?
雰囲気が違っていたのか?
原因は今でも分からないが、異常に興奮していので、
私的にもショックだった。

前回帰って来た時に、今年の予防接種日を伝えていた。
で、13日(金)何の連絡も無しで土曜日も連絡無し。

忙しいのだろうなと解釈し、
一人で15日2匹を連れて行った。
今回は次々とワン達がひっきりなしに来、興奮Max。
獣医さんの所まで連れて行ったが、余りの興奮状態で
獣医さんが気を使ってくれ、私の車まで来てくれ対処してくれた。

私も力が弱くなっている。
興奮状態を制する力が弱くなっているよなぁ。

今日も近くに鳩が

子鳩を脅かしてしまった10日夜、流石に巣には戻ってきた様子は無かった。

ところが12日朝、1羽の鳩が金木犀の中に居た。
子鳩のようでは無いような?

昼過ぎには2羽一緒に。
明らかに、2回目の繁殖の為ね。
鳩は7回前後、繁殖するそうな?
だから子鳩ではないのよね?

最初は、野生の動物が人の近くに来るとは思っていなかったので、
可愛さで見守ろうと思った。
それで、それなりに鳩のことはググってみた。
被害的なことが多く書かれていた。

糞のことは深刻そうだっだ。
産卵するまでは、余り糞は目立たなかったし、産卵後も。

糞が気になりだしたのは、子鳩が段々育って来てから。
金木犀の木の枝や葉に、糞が纏わり付いていた。

此れを繰り返したくないので、
悪いと思いながらも、
停まっているのを見たら、ちょっと木を揺すって出て行って貰った。

でも、近くに居るようで、鳴き声が毎日聞こえてくる。
なので、
「どうか、いい場所を見つけられるますように!」
と、願ってます。

脅かしてしまった!

もう鳩は居ないと思いながらも、外へ出る度辺りに居るのではと探してたなぁ。
日中も夜も、外へ出る度、つい巣を見てしまう。

で昨夜11時半頃、ゆずの最後のトイレにと外へ出した時、
ゆずをほったらかして、鳩の巣の中を見ようと、
木の枝を引っ張って手元に近づけてみた。

その途端、バタバタバタ!!っと。
子鳩がパニック状態になっていた。

脅かすつもりは無かったよ。
まさか!居るとは思わなかったからね。

真夜中玄関の明かりの中で、飛び立てずバタバタあえいでいた。
(玄関の屋根や壁などに阻まれた感)
ビックリさせてしまった。
ほんと!悪いことしてしまった。

バタバタしながら、何処かへ飛び立って行った。

巣立ち

今朝8時前には、2羽とも居なかった。
あたりを見渡すと、近くの電線に1羽だけ止まって居るのが見えた。
もう1羽は何処にも居ない。

巣立って行ったんだねぇ~。
ちょっと思っていたよりも早かったけど・・・

夜中地震で何度も小さい揺れが有ったので、
それにビックリして飛び立ったのかも?

子鳩

鳩の卵は、18日間前後で孵化するそうで、
孵化してから20日間ほどで巣立つそうな。

最初の卵が駄目になったのが、3月1日。
その後2羽が一緒に居るのを見たのが、3月6日。
3月31日のブログに載せた写真をとったのが3月29日。
そしてこの写真、昨日撮ったもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり大きくなっていた。
親が来ているのをあまり見なかったので、順調に育っているのか心配だったが、
ちゃんと育てていたんだね。

ネガティブな性格

思い起こせば子供の頃から、人の中に入っていけない性格だった。
自分から友達を作れない。
誘って貰えたらその中に入っていけるが、誘って貰えなかったら一人で居るタイプ。
自分からは決して人の輪に入っていかない。
その根底には、(私が居ると迷惑になるのではないか?)という
何の根拠もない独りよがりの思いだけ。

ど田舎の農家の3兄妹の末っ子。
兄や姉と比べれば、父母の愛情を一心に受け、一番お気楽に過ごしていて、家族に守られていた。
ま、それは医者から「この子は何時死んでもおかしくないので、気を付けて下さい」
と宣告されていたから余計かな。
それと、末っ子という立場からも大事に育てられた。と思ってる。
何処にもネガティブ要素は無い。
多分、頭も容姿も悪くて他になんの取り柄もない自分に自信が無かったからかな。

中学生の時、常に行動を共にする3人の友が出来た。
私は田舎育ちの甘ちゃん育ち。
就学旅行の時、ウトウトしていてて、聞いてしまったの。
私以外の3人が、眠っている私の側で話していた事を。
「〇〇(私)さんはお嬢さん育ちで、人の気持を全く考えてないよね。」と。
今で言う空気が読めないってやつ。

その時やっと気が付いた。
仲間には入れて貰ってるけど、仲間では無いんだな。と。

その時から余計ネガティブ思考になったように思う。
(私は役に立ってない・信頼されていない等、勝手な妄想)

そのままの関係で中学を卒業し、高校では4人別々の高校へ進学。
その後4人で集まることもなくなったが、
今現在も年賀状交換だけは続いている。

たまたま新築したこの家の近くにその時の友の一人が居た。
なので、最近になって時折逢ってコーヒーを飲みながら話をしている。

昨日その彼女に誘われて、美味しいランチを頂いた。
食後のコーヒーも別のお店で頂いた。

彼女と知り合った中学の時から、温和で優しい頼れる人だった。
芯の強い、自分の意思はハッキリ言うお姉さん的な存在。

今は私のことを話し相手に選んでくれてて、嬉しい。
私の話の隅々で、ネガティブ思考を消して下さる。
お互い先は長くないと思うけど信頼できる友として、
出来るだけ長く付き合って頂きたいと思っている今日此頃。

鳩に気付いたドーベルマン

是迄何度も何度も金木犀の下を走っているが、上を気にすることは無かった。
るいが今日初めて立ち止まって、上を見上げた。

今朝早くにゆずを外へ出した時には、親鳩は居たように思う。
が、10時前から親の姿を見ていない。

何度もるいとゆずを外へ出したが、子鳩が静かに居るだけだった。
親が帰って来ない。
夕方6時になっても、親が帰って来てない。
流石にこの時間になると風も冷たい。
親が帰って来なかったら・・・
何か有ったのだろうか?

などと心配した。
念の為、もう一度6時15分頃確認しに出てみた。

親が帰ってた。
ホッとしたわ。

帰って来なくても、手出しは出来ないしね。
でも、夜中になっても帰って来てなかったら、ほっとけないしなぁ?
と、気を揉んだよ。

この歳になるまで鳥という種類を飼ったのは、鶏だけなのだから。

るいが上の気配を感じてどうするかと心配したが、
吠えるでも無くて安心した。
ちなみにゆずは、
木の上は気にしてないが、地面は臭いまくっている。
やっぱり臭うんだろうね?