鳩の検索

午後から風が強くなり、夕方には雨も。
家の中に居ても、何かがバタバタ揺れている音が聞こえて来るほど
風が強くなっていた。
いわゆる「春一番」か?
気になって金木犀を見ると、かなり揺れている。
大丈夫なのか?
雨と強い風で・・・
でも、どうしてやるわけにもいかない。

ちょっと軽い気持ちで鳩の餌を検索してみた。
食べるものは分かったけど、
鳩の被害云々のサイトに出会ってしまった。

鳩も、とんびやカラスから襲われないように、工場とか橋桁など
人間の領域に住み着いているらしい。
なので、集団になると当然のごとく糞の被害などで迷惑しているようだ。
充分、分かる。

が我が家の場合、毎回外へ出る度、一応居る場所を見ると、
向こうもきっちり私を見ており、
それでも飛び立たないので、
このままそ~っとしておこうと思う。

るいは外へ出る度、走ることに専念しているので、
金木犀の生え際を走っていても、上の事は感知していない。
ゆずは何かを感じているのか?土をしきりに匂っている。
でも、上は意識していない。

なので、幾ら2匹が直下を行き来していても、
当事者の鳩さんは、飛び立つ気配は無い。

鳩の検索結果

鳩の検索結果、良いことは見当たらなかった。
結構社会問題にもなっているほど、被害は多いらしい。
一番は糞。

だろうなと思う。
糞が美観を損なうことは当然よね。
それに加え、金属の酸化を促進するらしい。
また、糞を倍体する菌やアレルギーの原因にもなるそうだ。

糞があると何度もそこに糞をするそうなので、
糞を見つけたら直ぐに除去することが大切らしい。

平和の象徴の鳩が、こんなにも厄介者だったなんて知らなかった。
良いことは書いてなかった。
かなりショック!

それを知っても、我が家の金木犀に居る鳩を追い出そうとは思はない。

是迄鳥類を飼ったことが無いので、どうしたら良いのか皆目分からないが、
人の迷惑にならないで済むように、何とか手懐けられないか?
なっちゃって・・・・・・

無理よな。

鳩の巣

今朝ワン達を外へ出して、私もそ~っと出た。
デジカメを持って。
少し離れた所から、ズ~ム機能を使い、何枚か撮ってみた。
葉っぱが多いので無理かもな?
と思いつつ、パソコンに取り込み確認した。

その中の一枚にしっかりと写っていた!!

止まっている位置が、玄関寄りなのね。
巣も見えたし。

余り、出たり入ったりしない方が良いのかなぁ?
でも、こんなに天気のいい日は2匹を再々出してやりたいし。。

鳩がやって来る

何時からかはっきりとは覚えていないが、2~3ヶ月前からだと思う。
ゆずとるいを外へ出そうと玄関を開けると、
「バタバタッ」と勢い良く何かが飛び立っていく。
向こうもびっくりしてるのだろうが、私もびっくりする。

どうも、玄関を開けた直ぐ右側に植えてある金木犀の中からだ。

 

 

 

 

写真は以前撮ったもの。

 

 

木の中を見ても、それらしき痕跡は全く無い。
(糞も落ちていない)

今日も2匹を外へ出している時、鳩が金木犀の中へ入っていったのを見た。
(大体はドアを開けて出た時なんだけど。)
空を見上げても、とんびやカラスが居るようにも無かった。
何が気に入ったのか、どうしてなのか❓❓
脅かしてはいけないと、直ぐに2匹を中に入れ、
私もそ~っと入りドアを締めた。

今まで鳥類は飼ったことがないので、野生なのか飼われているかも分からないけど
なんか嬉しい。
わりと再々来てくれているから。

ビールのお供

ビールを飲む時は、
何となく飲むのではなく、昔の思い出に浸ろうと意識している時のみ。
息子が帰ってきた時はそれにあらず。
お互いに大瓶3本ずつ。
それでも足らない時も有り、追加有りも。

まだ独身時代、田舎百姓宅に中途半端に作られていた応接間。
大層なステレオセットが有った。(兄のセッティング)
その当時は仕事もしいていなく、その応接間のソファに寝っ転がって、
ステレオでラジオを聞いていた。
その中で放送されていた気に入った外国人の歌を、テープに保存した。
だけど未だ現在そのタイトルとか歌手名とかは知らない。

で今、その曲をCDに焼いて聞いている。
息子曰く、どうやって?
そう出来るの?
的な。?

血統書

イザベラドーベルマン「るびー」はとても賢くて未だ忘れられず、
まだ気力のある内にと息子の後押しで「るい」を迎えた。
賢くないとは言わない。
私のトロさも関係しているが、
警察に追われる対象になるかもの警察犬協会の泥棒犬。
何度も食べ物を盗まれた。

食べ物なら良いが、食べてはいけないものまでもだ。
此れを何度も経験しながら、今に至る。

私の年齢に伴い、育て方の甘さは否めない。
自分では同じように育てたつもり。
が、息子曰く年々甘くなっているとのこと。

許せないことでも、まぁいいか?って思ってしまう。
良く言えば丸くなっている?  か?

一応「るい」は、警察犬協会の血統書がある。
が、「るびー」はイザベラという事で、血統書が無い。

「るびー」のママは「kuu」
「るい」は、「kuu」の子孫。

息子と話すのは、
血の違いかな?と。

るびーは流し台に手をかけたことが無い。
なので、食べ物を盗み食いをしたことは無かった。

同じように育てても此処まで違うか!?

個体差も有りだろうね。
色々血が混ざるとそれなりに変わる。

ま、血統書が全てでは無いのも分かっている。

血統書がなくても、
教えていない事までも、自ら判断して対処してるワンも居た。

ま、我が家のアホ犬「るい」は、
しっかり警察犬協会の血統書は持っているのだけど。

BONIQ料理にハマっている今日このごろ

ゆで卵・半熟卵・だし巻き卵・温泉卵の温度設定と時間設定は把握完了。
明日は茶碗蒸しに取り掛かろうと思っている。

15日に帰ると息子から連絡があったので、牛もも肉のローストビーフと
厚切りステーキ肉と、豚肩ロース塊肉でBONIQ料理開始。
それとスクランブルエッグもレシピ道理に作ってみた。

BONIQ料理するには最低限の水の量とMAXの水の量がある。
水の量が多ければ多いほど、設定温度にする為の電気代が掛かる。
なので、なるべく電気代を抑えたい。

最初に使った鍋はアサヒ軽金属の圧力鍋。
大きめの材料や多い目の材料なら此れで良い。
でも少なめの材料だと、水量が多すぎてなんかもったいない感じ。
で、いろいろ寸胴鍋とか探してみた。
広くない鍋を。

容量とか金額とかを比べてみて、
取り敢えず身近なもので安く出来ないかと思い、100均へ。
で、蓋付きのゴミ箱と蓋にするための発泡スチロールを買った。

ゴミ箱の周りを保温材でまくり、底にも保温材を。
蓋にした発泡スチロールに穴を開け、その穴にBONIQを差し込む設定。
使用してみたらとても熱効率が良くて、出来た後もお湯の温度が冷めにくい。

まだ今は検証期間なので、どれが良いのかも分かっていない。
サイトに書いてあった半熟卵の設定温度と設定時間にしてみたが、
固茹で状態に仕上がった。

ま、ぼちぼち私流を作っていきたいと思っている。

育て方が甘かったかな?

ドーベルマンのIQは5番目。
一番はボーダーコリー
二番がプードル
三番がジャーマン・シェパード
四番がゴールデン・レトリバー

ボーダーコリーは飼いたかった犬種。
だが値段的に私には無理。
ってことと、シャンプーが面倒くさそう。
ドーベルマンは短毛なのでその点は楽。

IQが高いから飼いやすい犬とはならない。
個体差は有るけどね。
賢い犬種ほど、初心者さんは避けたほうが良いのでは?と思う。

ドーベルマンは見た目ほどキツイ犬種ではない。
ただ大型犬だというだけ。
是迄飼った三匹共、飼い主に忠実でやさしい。

我が家のドーベルマン・るいは、
るびーと同じように褒めて育てた
が、此れも個体差が有ると分かった。
るいも、次に言われることが分かっていて、言われる前にする行動がある。

が、るびーと違ったのは、
「やったもん勝ち」的に、怒られるのを分かっていてする事。
るびーは、そもそも怒られるようなことはしない。

同じように育てたつもりでも、
るいには甘かったようだ。

息子もるいには甘いよとよく言われる。

ドーベルマンの育て方

この家で最初に飼ったドーベルマンは、ブラック&タンの女の子。
名前は「バーディ」と名付けた。
ドーベルの何たるかも知らないまま、どうしても飼いたい思いだけで迎えた。
が、思っていたイメージと違って、基本の尻癖が非常に悪い。

犬全体として、自分の寝床には何もしないはず。と私は思っていた。
が、玄関を上がった所にプロに犬小屋を建ててもらい、毛布も敷いた。

「さぁ!散歩に行こう!」
と言った途端、敷いている毛布におしっこ!
信じられなかった。
たまたまかと思ったが、
時間がずれると、敷いた毛布がびちゃびちゃ。
あろうことか!その上に乗ってリラックス。

イメージと違ってて、個体差が有ることをその時認識した。
その子が亡くなって次に迎えたのが、イザベラドーベルマン「るびー」

この子で、私はドーベルマンの賢さを再認識した。
教えて無くても、日々の私の行動を理解して、フォローしてくれていた。

バーディは訓練に出していない。
ド素人の私が育てた。
それも雑種を飼う感覚で。

るびーは5ヶ月の訓練と、
我が家に居ては不都合(娘のお産)の理由で、もう5ヶ月、
計10ヶ月、訓練に出していた。

その10ヶ月が功をなしたのかは分からないが、
るいは5ヶ月。

るびーに比べれば訓練期間が半分の理由かもしれないが、

私的に思うのは、やはり血統だと思ってしまう。

同じように育てたつもりでも、「るびー」と「るい」は根本違う。
環境が同じなので、違うのは「血」
としか思えないのは、私の偏見なのか?

待望の「BONIQ」入荷

昨年の12月半ば頃「真空低温調理器BONIQ」の情報を知り、色々調べてみた。
真空低温調理のことはテレビなどで見ていたので、興味は有った。
息子がローストビーフなどが好きなので、いろんな手法のレシピで作っていた。
が、温度や時間の微妙な差で出来が違っていた。
グラム数にもよるし厚みにもよる。

私が購入するディスカウントショップは安くて助かるが、高級品はわずか。
貧乏人にお手軽な外国産の脂の少ないもも肉。
此れを柔らかく美味しく仕上げるのは至難の技。
何とか塩麹に漬けたりとか玉ねぎやパイナップル等のレシピも試した。
けど此れで確かというのに行き当たらず。

一度意を決して、手間隙掛けて
温度計を常に見ながら、火をつけたり消したりと温度調整しながら
ローストビーフを作った。
流石に好評だった。
正月用に買ったものより格段に美味しかったとのすごく高評価。

でも、もう一度作ってと言われたら無理。

それでBONIQを知り、購入しようと思った。
鶏肉のパサパサも解消できる。

類似品も沢山有った。
口コミも見た。
BONIQよりも安価な商品の口コミも見た。
8千円台のも有る。
用は温度調節と時間調節。
なので、お安いのでも良いとは思う。

息子曰く「何でBONIQにこだわるん?」
と言われたが、こだわりでは無く直感かな。
外国製もいい感じだった。
でもBONIQに惹かれたの。

Amazonに注文し、12月31日入荷予定。だった。
その後Amazonの注文履歴を見るごとに、
連絡も無いまま予定日がだんだんずれていった。
最後の入荷予定日が2月25日。
もう此れは3月に入るな。
と諦め半分。

なのに昨日急な感じで、発送したとのメール。
今日届きました。

で、今日は材料が卵しか無く、
スクランブルエッグと半熟茹卵を同時進行で作ってみたのですが
証拠写真を撮り忘れ。

一応BONIQはこんなものです。