褒めて育てる

るいのトイレは、その後殆ど失敗が無くなった。
しっかり、「おかぁさん、したよ~。」と言ってくる。(ご褒美目当て)
が、ウンチはシートの上かその近くで、トイレでは完敗
まぁ、誘導するチャンスを見逃しているからだけど。。。

今日はおしっこをした後、まだまだするはずのない時間なのに、
何かをしきりに言って来ていたので、なんなのかなぁ?とついて廻ってみると
ゆずが、ゆずのシートの上でウンチとおしっこをしていた。
当のゆずはハウスの中に。
此れまでゆずは、シートの上でおしっこをしたら、シートの外(サークルの外)でウンチ。
逆もあり。
なので、褒められる事があまり無い。

しかし、今日は完璧にサークル中のシートでおしっことウンチ。
が、褒められるとは思っていないゆずは、自らハウスのなかで上目遣いに私を見ている。

るいは、ゆずのウンチを私に言いに来たのだと思う(当然ご褒美目当て)
二匹には豚耳カットのご褒美。

るびーを飼い始めた時、とにかく褒めて育てようと、此れまでの育て方を変えた。
これ迄さくら・あすか・りょうまは、叱ってトイレや躾を教えた。
(昔まだ娘が小さい時、何かで褒めたところ、付け上がるというか図に乗るというか
あれ買ってぇ・此れ賈ってぇと要求が非常に多かった為、褒めたら付け上がると認識した次第。)

とにかくるびーは褒めた。
で、ご褒美。
此れが良かったのか、色んな事を覚えてくれ、教えていないことまでしてくれるようになった。

るいが何かを咥えていてカミカミしている時、出せと言っても出さない。
それを出させるには
コマンド「loss」などで、口を無理やり開けてでも取る。
で、取れたら「お利口だね~!」とか「賢いね~!」とかの掛け声で褒める。
その代わり、小さいおやつを与える。

まだ「loss」は、素直に出さない。
なので無理やりでも取りあげる。
そして、褒めて返してやる。
を、繰り返している。

トイレの躾

るびーを5ヶ月間の訓練に出し、迎えに行った時出会ったのが、唐津の彼女・Kさん。
その当時訓練されていたドーベルは2匹だけ。
で、即お友達になりおうちに誘って頂いた。
その時はKさんのドーベルを連れて帰ったので、るびーはドッグスクールへ預かってもらった。
流石にドッグトレーナー無しに2匹のドーベルを合わす訳にはいかない。
1匹はオーナーの番犬。
そこによそ者のドーベルを連れて行けば、どうなるか?
喧嘩になった時、私達では止められようもない。
(訓練中2匹がつるんで遊ぶことは無かったとのこと)

今回はそのドーベルを亡くされていて他にもワンは居ないとのことで、うちの2匹を誘って頂いた。

Kさんはドーベルを飼うにあたって、本やドッグトレーナーさん達の教えを請い、色々勉強されていたとのこと。
私は只々、ドーベルが好き。
此れまで何匹かのワンを飼って来たので、ドーベルも差ほど違いは無いだろう。的な安易な考え。

Kさん曰く、どーべるのトイレ躾は、結構掛かるとのこと。
るびーがどれほどかかったのか覚えていない。

るいは、うちに来た当初、最悪だった。
別の姉妹を選んどけば良かったと後悔したほど。
頻尿は菌が差し障っていたとの事だったが、完治した後もかなりの頻尿。
それに、どこでもするタイプ。

訓練に出すまでに、トイレ躾は完了出来なかった。
連れて帰っての事は覚悟していた。
連れて帰ってからは、
取り敢えず時間を見計らってトイレに誘い(マットを敷いた風呂場)
「ワンツー・ワンツー・・・・・」の掛け声をかける。

たまたま出来た時、ハイテンションで褒めまくる。
で、ご褒美。
此れを繰り返した。
が、殆どだった。

しかし意外に連れて帰って2日目から、完璧におしっこが出来だした。。
多分、訓練に出す前の事を覚えていたのだろうと思う。

毎日、「お母さんしたよ~。」とるびーと同じように、私に伝えに来だした。
その後しっかりとご褒美の容器の前でアピールしている。。。
お陰でおしっこは今完璧。

ウンチは?

最初うちのトイレの前におしっこをしたので、そこにワイドシートを敷いた。
それまでおしっこの失敗していた多くは、そのシートの近く。
多分そのシートでしているつもりなのだろう。

今おしっこはトイレで出来るようになったが、そこにウンチとの関連性が出来ていないと見える。
多分シートがメインになっているかな?
今日は上手に完璧シートの上にうんち。
本当は褒めるべき事。
が、私の求めているものとは違うので、「ハウス」。
ちょっと可愛そうね。

唐津

訓練モードのるい
CIMG0720

CIMG0723

ドッグトレーナー(所長)に教えられた通り、コマンドをるいに向けるが、
最初の反応は無し。
何度か繰り返してやっと私の言葉で、理解出来るようになった。
しかし、「Come」と命令すると、所長の方へ。。。
なかなかだね。

その間ゆずは檻の中
CIMG0267

訓練が終わってホテルへ帰る時のゆず。
まさか!置いて行かれるとは思ってなくて、必死に訴えていた。
CIMG0710

ホテルの部屋はシングルだけどベッドはセミダブルでゆったりしていた。
CIMG0737

3日間の訓練を終えて2匹を乗せ、唐津の友達の家に向かった。
そして荷物を降ろす間も降ろしてからも、車から降りようとせず、
昼ごろから夕方ま5時間近くも、このような状態。
引っ張っても、おやつで誘導しても駄目だった。
(この写真は、翌日車を開けた途端飛び乗って、又暫く降りて来なかった時のもの。)
CIMG0752

訓練所に置いて行かれたと思ったのも無理は無い。
家に入ってからは2匹共落ち着いていた。
CIMG0739

CIMG0257

CIMG0746

るいを迎えに出発

訓練所から、2時頃からの訓練でいいですよね。
的なメールだったので、13日朝7時にゆずを乗せて家を出発した。

早島ICから高速道路に入り、途中佐波川SAでガソリン補給とトイレタイム。
ゆずは訓練所に着くまでまったりと助手席で寝ていた。
2時頃到着でゆずを預け、最初の訓練へ。
結構陽が射していて暑く、るいには堪えたよう。
30分弱の訓練で終わった。

この時はまだ私より所長の方に意識が集中していた。

ホテルに連れて帰るわけにもいかないので、ゆずを預けて別れを告げた。

その時のゆずの悲壮感が物凄く伝わってきた。
まさか!置いて行かれるとは思っていなかったべく
今までよだれを垂らすことなかった子が、
胸の毛によだれがだらだらと伝い、土が付いて見るからに汚くなっていた。

二日目・三日目と訓練を受け、昼過ぎ2匹を乗せて唐津に向かった。

唐津城で待ち合わせし、彼女の御宅へ。

家に着いて、荷物等卸している間、ドアは全開。
が、るいが降りない。
いくら誘導しても、おやつで誘っても、降りない。

この時初めて気がついた。
置いて行かれたことがトラウマになっていたようだと。

着いたのが午後1時頃。
夕方5時頃彼女がゆずとるいの為にバケツに水を入れはじめた時、
やっと降りて行った。
相当喉が乾いていたのだろうね。
即車のドアを全部閉めた。

るいの気持ちが分かって、涙が出そうになった。
面会に行った時、私には連れなく感じていたが、
るいの思いは多分違っていたのでしょうね。

るびーを訓練に出し3ヶ月ほど経って、面会に行った時、
私と逢ったとたん、嬉ション全開。
此れほどのアクションが無かったので、
るいは私との信頼関係はまだ余り強くないものと思っていた。

でも違っていたね。
これからドーベルマンるいの生活パターンをアップしますね。

ドーベルマン「るい」が、やっと帰って来る。

るいを訓練に出したのが昨年の12月5日。
一度面会に行ったが、訓練所所長の方ばかりを気にして私を殆見ていなかった。
当然のこと。
今はあちらが飼い主。
るいにしてみれば、急に知らないところへ連れて行かれ、飼い主が突然消えたのだもの。。

5ヶ月間の訓練期間を終えたので、迎えの準備中。
一応訓練所とホテルに5月11日からと予約していたが、
「台風の影響で11日は雨よ」と友人が連絡してくれたので、
13日からに変更をお願いした。
今その日程で準備している。

当面の予定は3日間の訓練を受けて帰るつもりだった。
が、るびーの同級生のオーナーが唐津におられ、
その方もその子を亡くし、私と同じく苦しんでいると聞いたので連絡してみた。

「もうドーベルは、飼えないよね」的に
歳を取ると体力的な事を考えるから、と諦めモードね。
私もそうだったからよく分かる。
息子が背中を押してくれたから、全部を踏まえて飼うことにしたよ~。
と連絡してみたら、
彼女の息子さんからも同じ様に背中を押されたとかで、
ドーベルを飼う決心をしたとのこと。

で、訓練所から直接家に連れて帰るつもりが、「是非、るいとゆずを連れて来て欲しい」
との要望で、彼女の御宅に一泊することになった。

10年ぶりの再会になるよ。
山ほど話したいことが有るわ。

ドッグフード事件

年の終わり頃の話し。
寒い間は昼過ぎの温かい時間帯に散歩へ連れて行っていた。
散歩から帰ってどれ位経ったろうか?
水を催促するので、茶碗にいっぱい水を入れてやった。

CIMG0267

それを一気に全部飲んでしまい、まだくれと催促。
真夏でもあるまいし、そんなに喉が渇くかぁ?
と思いつつも、人間でも喉の渇きは辛いので、又水をいっぱいにしてやった。

その時はそれで済んだが、少し時間が過ぎると又くれと催促。
散歩中は川へ入って飲みたいだけ川の水を飲んでいるし、そんなに喉が渇くはず無いし、
なのにどうしたのかなぁと不思議に思った。

そして夕食にドッグフードをやっても、何故か?食べようとしない。
今までに無かった事。
何度か食べさせようと、手に持って与えてみたりしたが、全く食べる様子無し。

何処か悪いのか?
でも、元気だし。
でも食べないし。
おかしい??

明日も食べなかったら、医者に連れて行かねばと決めて、
その夜は様子を見ながらの睡眠だったので殆ど寝てない。

でも私の心配をよそに、次の日は普段通りガツガツを食べていた。
まぁよかったと安堵しながらも、不思議な思いだった。

何日か経ってその原因が分かった。

玄関を入って右がリビング、左が和室。
地震対策も兼ねて、2階に置いてあったタンス類を全部その和室に降ろし、
その部屋は物置的な部屋にしていた。
ドアはいつも開けっぱなし。

ドッグフードはネットで18kg入りを2個買いし、その和室に置いたまま。
開封したフードは物入れにしまい、ドアは閉めておく。
5kg程をケースに入れてリビングに。
これまでず~っとそうしていた。
で何事もなかった。

ある日、和室に置いてある新しいフード袋に、穴が開いているのを発見。
丁度顔が入るほど・・・

やっと納得出来た。
食べたいだけお腹いっぱい食べたのだろう。
そりゃぁ喉が渇くはず。
夕食は食べられないわぁ。

原因が分かって安心するやら腹が立やら・・・
どれだけ心配したか。
考えてみれば、あの顎・歯ですもの紙袋ぐらい簡単に開けられますわ。
私が甘かった。。。

そして後が大変だった。
フードを水でふやかしたようなドロドロウンチを何度も何度も。
夜中関係く、出るものは出る。
寒い真冬、布団から出て降りて行くるびーの後を、私も付いて行く。
そしてるびーは温かい布団の中へ潜り込み、
私は片付けるのに時間がかかり、体も冷えきって布団に戻ると
「どうしたん?何かあったの?」的な顔で私を見、即眠るワンコだった。

おにぎり泥棒

土・日に帰って来ることのない息子が、たまたま帰っていた日。
日曜日の朝はゆっくり出来るので、起こさないようにと静かに私だけ朝食を済ませていた。

なので起きて来た息子に、おにぎりを作って出した。
おにぎり3個をのせたお皿をテーブルに置き、
台所でみそ汁などを用意していたら、るびーがテーブルをぐるぐる廻っているのが見えた。

息子に「気をつけんと、るびーが狙っているよ。」と注意したが、
「大丈夫、大丈夫!」と言いながら、息子が何かを持ってこようと席を立った。

まさにその瞬間!ぱくっ!とおにぎりをくわえ、ごくっと飲み込んだ。
120g弱のおにぎりをひとのみ。

それも3つ並べた真ん中のを取ったのだ。

どうして真ん中なのだ?
どうやって真ん中をくわえたのだ?
不思議でならなかった。

後で気が付いたのは、白いおにぎりをぴったり並べていたので、
るびーにしてみればひとつの塊にしか見えなかったのだろう。
なので、360gの塊を食べるつもりだったか?・・・

息子はどのワンコも叱ったことがないので、どうしても甘えるというか、なめてるというか。

私だけの時には、トイレに行っている間も食べ物を取ることはない。

娘達が来ている時には、孫のを狙う。
それも一番下の子を狙う。
おやつを手に持ったままよそ見している時、パクッと食べることが多い。
上二人は流石に油断していない。

勿論その後はハウスで伏せ。
暫くは出させて貰えない。
で、いつも諦めてふて寝している。

娘には一目置いているらしく、言うことを聞く。
でも、娘曰く「おかあさんが家にいる時は、殆ど私の目を見ていなくて、お母さんの方ばかり気にしているよ。」と。

もっとぴしっと言うことを聞く(こちらの躾の問題だが。)犬だったらなぁと思わないでもないが、私的にはこれぐらいが面白くてとても楽しい。
笑えることが多くて、るびーで良かったと思っている。

買い物チェック

娘と買い物へ行った時、
長男は学校なので、いつも下2人を連れて行く。

まことに元気な子達で娘と私は叱ってばかり。。
「ドタバタ走ったら駄目!!」
「商品に触ったら駄目!!」等。
2番目の長女は、私達が買おうかどうか手に取って見ていると、真似をして同じ仕草をする。
商品に触るのだ。

で、「触ったら駄目!」といち早く叱るのは私の方。
素直に直ぐやめるが、暫くすると又同じようなことをしている。

3番目の次男はカートに乗せられていて、何時も自作自演で歌を歌っている。
けっこう恥ずかしい。
微笑ましいのだが、声がでかいから他の方が笑っているし・・・

4~5日分の食料を買って家に帰ると、一番先にるびーが袋の中身を必ずチェック!
美味しそうな臭いだと暫くは鼻をつっこんだまま。

野菜の入っている方は殆ど臭わない。
パンとかハムとか肉系は、注意しても何度も確認している。

早々に台所へ持っていき、冷蔵庫やら床下収納やらに仕分け。
その間もぴたっと側にひっついている。

食事の用意や孫にお菓子を出してやる時、床下収納を開けると、
必ず私よりも先に顔をつっこんでチェック。
冷蔵庫の野菜室や、中程にある冷凍庫を開けても、必ず顔をつっこんでチェック。

犬の嫌いな人は多分気持ち悪く思うだろうなぁ。
よだれが落ちているかもとか・・・
袋に入っているので、その辺はこだわらない。

るびーは目の前に食べる物があって「よし!」を待っている間が長い時には、よだれを垂らすこともあるが、普段は殆どよだれは出ない。

みんなでご飯を食べた後、おやつタイムになると、速!ガムの催促が始まる。
娘がガムやおやつを与える時は、ものすご~く貰えるまでが長~い。
「よしこさん。」・「よしださん。」・「よしながさん。」・「よしいくぞう。」・・・・・といろいろ続いて、やっと「よし!」

「よ」が出るたびに、るびーの顔がちょっと動く。
でも、どうせそうくるだろうと分かっているので、引っかからない。

どこで「よし!」が出ても間髪入れずくわえるので、
ちゃんと聞き分けているのでしょうね。。