ガリと梅干し

先日買い物へ行った時、新生姜が出ていたので、何パックか購入した。

生姜とかにんにくとかニラとかネギとか、
嫌いでは無いけど、どうしてもなければいけないと言うほどすきでもない。
でも体にいいことは知っている。

なので今年も作ってみようと購入し、洗ってスライス。
計ってみたら855g。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっとお湯にくぐらせたもの。

 

 

 

 

 

 

適当な大きさの瓶が無かったので、海苔の瓶に入れたら 少なっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも直ぐに淡いピンクになったので、ホッとした。
前回中国産の新しょうがで作った時、そのまんまの色でピンクにならなかった。

土のせいか肥料のせいかは分からないけど、
最初に作った綺麗なピンク色をイメージしていたので、
がっかりした記憶があり、此れからは絶対国産!と決めていた。

最初に作った時どれくらいの分量買ったが覚えていなかったので、
適当に買ったら少な過ぎたわ。

それから梅干しも製作中。
5kgを今塩漬けしている。
今回は赤紫蘇を使わないつもり。

昔作った梅干しの赤紫蘇が未だ消化出来ずだ。
年数経っているから赤紫蘇の色も悪くなっているんだけど、
捨てられない。
チマチマおにぎりやドレッシングなどで使っているけど、
中々減らないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

ビールを飲みながらテレビを見ていた。
でもその下でこんな悪さをしていた奴が居た。
ティッシュ没。
テーブルで全く見えなかったわぁ。

BONIQ料理にハマっている今日このごろ

ゆで卵・半熟卵・だし巻き卵・温泉卵の温度設定と時間設定は把握完了。
明日は茶碗蒸しに取り掛かろうと思っている。

15日に帰ると息子から連絡があったので、牛もも肉のローストビーフと
厚切りステーキ肉と、豚肩ロース塊肉でBONIQ料理開始。
それとスクランブルエッグもレシピ道理に作ってみた。

BONIQ料理するには最低限の水の量とMAXの水の量がある。
水の量が多ければ多いほど、設定温度にする為の電気代が掛かる。
なので、なるべく電気代を抑えたい。

最初に使った鍋はアサヒ軽金属の圧力鍋。
大きめの材料や多い目の材料なら此れで良い。
でも少なめの材料だと、水量が多すぎてなんかもったいない感じ。
で、いろいろ寸胴鍋とか探してみた。
広くない鍋を。

容量とか金額とかを比べてみて、
取り敢えず身近なもので安く出来ないかと思い、100均へ。
で、蓋付きのゴミ箱と蓋にするための発泡スチロールを買った。

ゴミ箱の周りを保温材でまくり、底にも保温材を。
蓋にした発泡スチロールに穴を開け、その穴にBONIQを差し込む設定。
使用してみたらとても熱効率が良くて、出来た後もお湯の温度が冷めにくい。

まだ今は検証期間なので、どれが良いのかも分かっていない。
サイトに書いてあった半熟卵の設定温度と設定時間にしてみたが、
固茹で状態に仕上がった。

ま、ぼちぼち私流を作っていきたいと思っている。

魚の焼き方

冷蔵庫の生鮮食品が殆ど無くなっていたけど、
買い物へ出るのも煩わしいなぁと思いつつ、冷凍庫を開けてみたら、
娘から送られていた魚の干物が目についた。
何種類かある中から、小さい魚を選んだ。
名前が入っていないので、はっきりとは分からないが、多分小鯛では無いかと?

以前、魚はIHに付いている魚焼きグリルで焼いていた。

 

 

 

 

 

 

が、ある時「ためしてガッテン!」という番組で、
「脂を逃がさない、超ジューシーなサンマの焼き方」を見た。
それによると大体が「焼き過ぎている」らしい。
ふっくらと焼くには、強火で7分余熱で2分。
しかし、これでは焼き色が付きにくいので、見た目が美味しそうにない。
なので、みりんを薄めたのを魚全体に塗っておく。

それを見て納得したもんだ。
それまで魚焼きは、おまかせコースみたいに、裏表で大体20分ほど焼いていた。
その分焦げ目はしっかり付いていたけど、身が硬かった。。

その後、ネットで見つけたこれで

 

 

 

 

 

 

魚・肉を焼くようになった。
オーブントースター専用のもの。
蓋をして焼くので焦げ目は付き難い。

最初これを買って使おうとしたら、オーブントースターの蓋が閉まらない。
トースターの奥の上側が丸まっていて、ちょっとだけつかえてた。
使えないので、仕方なく息子にあげたら、私よりも使いこなしている。
で今日焼いたのがこれ。

 

 

 

 

 

 

当然焦げ目はつかないので、

 

 

 

 

 

 

バーナーをセットし、

 

 

 

 

 

 

焦げ目を付けた。

 

 

 

 

 

 

塩加減も良く、ビールのアテに美味しく頂きました。

骨折から1週間

骨折して1週間、とても長く感じる1週間だった。

るいはそれ以上だろうと思う。

外へ出たくて出たくてしょうがない。

外へ出したら、思いっきり走るので、何とかおやつでごまかしている。

 

今日の昼食はご飯が無かったので、又節約ピザをワン達と食べた。

台所で生地を伸ばしたり、具材をトッピングしたりするのを、

何時ものように、ぴったりくっついて見ている。

途中切れ端とかを貰えると思ってね。

今日の具材は、ウィンナ・ピーマン・リンゴ・辛子明太子(ワン達の所は無し)

全部冷蔵庫に残っていたもの。

チーズを散らして出来上がり。

犬用と私用を切り分けている間、よだれを垂らしながら見ている。

そして、催促がましく見つめていた。

ゆずは私の足元で、貰えるのを待っている。

食べ物を与える時には、年功序列で必ずゆずが先。

パセリを食べるドーベルマン

今年パセリを植えてみようと思い、2袋108円の種を100均で買い、プランターに蒔いた。

もう一袋はパクチーの種。

育つには育ったが、取っても取っても虫が付き、

仕方なく市販の駆除スプレー

を買って、思い切り吹きかけた。

でも、直ぐに同じ虫が付くので、パセリは諦めた。

(このスプレーで死んだのか死ななかったのか定かではないけど)

いくら自然派なんたらと書いてあっても、殺虫剤は殺虫剤よね。

で、今日までほったらかしていた。(水は毎日まいている。)

改めてプランターを見たら、とても綺麗なパセリが有った。

虫が付いていないのは、時期的なものか最近の寒さ加減なのかは全く無知。

 

長い間駆除スプレーは使っていないので、収穫した。

洗って茎をとった。

それを食べたそうに、私の目線に合わすドーベルマン。

まさか、パセリは食べないよね。

と思いながら、

「よし!」

で、食べた。

何か分からず、取り敢えず食べただけだと思いきや、

「まだ?要る?」 で、

ぱくっ!

どうやら嫌いではないらしい。

差し出すだけ食べた。

好きなのか、味や臭いを感じてないのかは「

ゆずは地植えしている「しその葉」を何度か食べていたので、

同じハーブ系だから食べるかなと与えてみたが、パセリは要らないらしい。

好みは別れるね。

 

パセリは刻んで、鯖缶と一緒に炒め、常備菜に。

{結構昔テレビで、栄養価の高い常備菜として紹介されていて、作ったことのある料理なのよ}

パセリは飾りが主体で、食べるイメージがあまり無いけど、栄養価は高いものね。

「ガリ」にハマってしまった。

私は元々香味野菜は特別好きでは無い。

嫌いではない。

あれば食べるし、無ければそれで良い。

たまに帰って来る息子は香味野菜が大好き。

なので、ネギだけは無農薬無肥料では有るが、育てている。

生姜は料理レシピのため、たまに買って来ているが、

使い切れず何時もほとんど駄目にしていた。

なので今は密封して冷凍保存している。

冷凍のまま使う分だけ削って使う。

が、先日某テレビ番組で、生姜の事を取り上げていた。

「ガリ」のレシピ。

スライスして甘酢に漬けるだけ。

生姜の効用と酢の効用が良いのは分かっている。

何を迷ったか?作ってみようと生姜と穀物酢を買い、

レシピどうり作ってみた。

食べた所、とっても美味しい!

酸っぱいものが嫌い。

の私がこの甘めのガリにハマってしまった。

毎日朝昼晩、食べている。

IMG_1877

;

 

 

 

 

 

 

 

健康的にどれほどの効果が有るのかは分からないが、

せいぜい私が通える廻る寿司店の「ガリ」より美味しいなと思った。

おでん

そろそろ食べたくなったので、朝から「おでん」を仕込みはじめた。

お昼過ぎにはそこそこ味も染み込み、味見がてらおでんとごはんでお昼を済ませた。
まぁまぁのできばえだったと思う。

息子に「おでんを作ったので、持っていってあげようか?」とメールしたら、
食べに帰るとの返事がきた。

夕食は息子と二人でおでんをつつきながら、ビールを飲んだ。
私は暑くても寒くてもビール派。
それに息子も付き合ってくれる。

当然2匹がぴったりとテーブルのそばにくっついている。
息子が帰って来てる時は、当然のように、りょうまが息子の膝へ乗る。
そして息子の箸の動きを目で追う。

息子はおかずを少~しかじって、そ~っとお皿の端っこへ置く。
熱い物をさます為と、私が席を外した時に、りょうまへあげる為だ。

だから私はわざと「え~っ!なんでるびーのは無い訳? そう言うのを わけへだて と言うんじゃないの?」
で、るびーに向かって「可愛そうにねぇ~。るびーは!」と。
すると「いや~っ、るびーのもちゃんとあるよ~」と言いながら、
新しく少し大きめにかじってお皿にのっけている息子だった。

息子は常日頃「お母さんはるびーに甘いから」
と、いかにも私がるびーだけ美味しい思いをさせているように思っているようだ。
可愛い2匹だもん。そんな分け隔てなんかする訳 無いじゃないか。。

翌日朝息子を勤め先まで送って行き、帰りはバスで帰って行く。
荷物になるが、おでんは多目に持って帰ってくれる。
沢山作ったので持って帰って貰えると助かる。

ちなみに娘にもメールしたが、
「家族が多いので半端な量じゃぁ足らんから要らない」とあっさり断られた。

そのつもりでたくさん作ったのにね。

ホームベーカリー

昨日もち米を4カップ精米し、水に浸しておいた。
それをシロカのホームベーカリーで、メニュー9のもちつきにセット。

CIMG0645

そして出来上がった。

CIMG0643

出来上がりを直ぐに2個食べたので、此れは残りのお餅。

さめて直ぐフリーザーパックに入れて、冷凍庫へ。

出来たてを冷凍庫で保存しておけば、
後日食べる前日にでも冷蔵庫へ出しておけば解凍でき、出来立ての柔らかさに近く戻る。

つい食べ過ぎてしまうので、なるべく作らないようにしているのだが、
もち米も古くなってしまうから使わないわけにはいかない。

友人の知り合いの農家に頼んで、もち米の玄米を15kg購入している。
3kgずつ小分けにして、真空パック保存。
赤飯や五目飯など色々作っているが、つい食べ過ぎてしまうので要注意だ。

もともと、ホームベーカリーは買おうと思っていなかった。
出来たてのパンは美味しいと聞いていたが、さほどパンは好きでない。
しかし、お餅やうどんなどが出来る。
でも、使いこなせないかもしれない?
など色々迷い、使わなくなっても差ほど後悔しなくても良さそうな、
お安いシロカに決めたのだ。

そしたら、パンは作るわ、餅・うどん・ピザ生地など大活躍。
ピザ生地も目一杯作って小分けにして冷凍保存。

「元を取り過ぎた」ぐらい使い倒している。
高いホームベーカリーでなくても十分でした。