猫の好き嫌い

以前「ふう」のお気に入りのおやつで、
「Sheba」シリーズを投稿した。
が、今その中の「マグロ」しか舐めない、

・まぐろとシーフード味
・かつおとえび味
・かつおとサーモン味
等が入っていたが、「まぐろ」しか食べない。

味の違いは分からないが、
時間を変えて与えても、そっぽを向く。
基本ガツガツ食べるタイプでは無いので、おやつも少なめ。

私の感覚では、太っているとは決して思えない。
が、たまに帰って来る息子は
「大きい」と言う。

体重を計ろうと抱いて体重計に乗るが、確定するまで待たず逃げる。
なので、現在の体重は分からない。

私から見て絶対大きくない。(普通だ)

ただ、最初獣医から言われたのは
「骨格が大きい」
と。

食べ物もガツガツしていないし、催促もしない。
キャットフードも少なめだと思うけど、食べ切ることは無い。
たまのおやつに、煮干しを1~3尾程度。

おやつの「Sheba」も
食べないものが多いことが分かったしだい。
なので、買う物は「マグロ味」に決まった。

我家には何でも食べる子が居るので、
食べ物を無駄にすることは無いですわ。

Google アラート

ず~っと前から「Google アラート」に「犬」を登録している。
その他「和裁・洋裁・編み物」等も。

なので、犬に関した情報が色々とメールで入って来る。
ここ最近では
「猫は犬同様に人間に強い愛着を抱いている」と。
らしい。

ま、そう思う。

初めて飼う猫の「ふう」だが、
呼べば大体やって来るし、「にゃ~ぁ~」と返事しながら来る。
それに、寝る時は必ず私のお腹あたりにヘソ天で寝ている。

シングルの安い簡易ベッドで、
私の頭上(東側)にゆずが寝る。
足の方(西側)にるいが寝る。
その真中の私のお腹辺りの壁側(北側)にふうが寝る。

此れは毎日のこと。
最初の頃はふうも一緒に階段を上がって来ていたが、
今は、好き勝手に上がって来る。
でも時間的には少しのズレだけ。

ふうが上がって来るとるいが直ぐに反応し、
暫く2匹で遊ぶので、落ち着くまで待つしか無い。

落ち着けば定位置で3匹が寝る。
その後は動くことは無い。

それからが私の就寝タイム。
睡眠不足は当分解消出来そうに無いなぁ。

PC不具合続く

気が付けば1ヶ月近くの更新。

どうもPCの具合が良く無い。

息子がプレゼントしてくれたPCなので、何とか使い続けたい。
が、以前の勝手に文字の羅列の件で修理に出したら、
考えられないほど時間が掛かり、
手元に帰って来た後もサクサク感無し。
一応最新を買ったのに。

起動に時間掛かり過ぎ。
Chrome起動しても真っ黒な画面がしばらく続き、時間かけて立ち上がる。

絶対おかしいよな?
と、不信感満載。
でもそんなことは絶対言えない。

たまたま「機械まん」が悪かった?
それともメーカーが悪かった?

などと思うが、絶対言えない。

最近はさほどアプリを立ち上げてないのに、フリーズ!
することが多い。
強制終了ばかり。

我家のドーベルマンと猫は相変わらずで、
私が横たわっているベッドの上で、飛び乗ったり飛び降りたりと遊ぶ。
私の足首は紫色の踏まれた跡が沢山。

ま、ええよ!
ばーさまだから・・・・・(^^;

猫のトイレ

昨年猫を初めて迎える事になり、
最初に取り揃えたのが、
猫用トイレ2つと猫砂。
それと、爪とぎ。(これは未だに使ってくれたことが無いけど)

我家に連れて帰り、一番最初にリビングに置いた猫用トイレに
赤ちゃん猫を入れただけ。
その時、したのかしなかったのかは確認していない。

同じものを二階の私の寝室へも置いた。
それは何もアピールしなかった。

現在1歳4ヶ月を過ぎるが、一度も失敗した事が無い。
必ずリビングか寝室のトイレでしている。
(私が出かける時はリビングのドアを締めるが、
階段に続く私の部屋(寝室)は出入り自由にしている)

何も教えなくても完璧なトイレ習慣に感動した。

私が子供の頃、親の許しも得ず子猫を貰って来た事が2~3回有った。
母親は私の動物好きを認めてくれていたので、受け入れてくれた。
でも父親は「口の付くものは片口茶碗??も嫌い」という人。

貰った子の中に、
押入れにたたんで仕舞っている布団の上に「う◯ち」をした子がいた。
当然匂いも消えないし、父親は激怒!
それ以後猫を飼うことはご法度。

なので、我家の「ふう」はその幼少時飼った猫以来、初めて飼った猫。

シーズー・ドーベルマン・ミニチュアダックスフンド・キャバリア
を現在の家で飼って来たが、それなりにトイレの躾には時間が掛かった。

が、初めて飼う猫は一切時間が掛かっていない。
なので、可愛さもひとしお。
如何に猫が賢いか。
なのかな?

好き嫌い

我が家のワン達は食べるものの好き嫌いは余り無い。
ドーベルマンは、私の与えるものは何でも食べる。
なので以前は捨てていた野菜の芯とか外側の硬い部分とかは
小さく切ってレンジでチンしフードに混ぜて与えている。
捨てるのは玉ねぎとかニラとか。
りんごの皮や芯(果物類全般)は、るいは特に好き。
ゆずは野菜・果物はあまり好きでないようで、食べる時と食べない時がある。

米は農家から1年分玄米で買っているので、食べるごとに精米する。
なので糠も以前は捨てていたが、今はフライパンで香ばしく炒めたものを
少しずつフードに混ぜて与えている。

ヨーグルトは2匹とも大好き。
猫も時々食べる。

好き嫌いのハッキリしているのが猫。
生後2ヶ月でやって来たが、
その時から肉系の混ざったものは今も一切食べない。
魚系only
(最初は分からず、ささみとか入っているのも買って来ていたわ)

テレビCMで観て、似たような物を買って来て与えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと臭っただけで、無視。(もちろんマグロ・カツオ系)
何度口元へ持って行っても駄目。
後日別のを買って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何と!食いつきの良いことか!
「Sheba」
このシリーズが、良いらしい。
好き嫌いがハッキリしている子だ。

先日テレビで、
飼い犬がフードを食べないので可愛そうに思い、
おやつなら食べるので、それを与えていたら肥満体になってしまった。と。
今ダイエットに励んでいるらしい。

昔、同じような人が、知り合いにもいた。
みんな優しいんだね。

私は食べなかったら食べるまでほっておいた。
テレビでは食べなかったら時間をはかって片付けると良いらしいとのこと。

基本お腹が空いたら食べると思っていたので、
私の家計に合わせた物を与えていた。

それで気がついたのは、値段の上下でうんちの量が違うこと。
でもそれでも我が家のワン達は、すべて美味しそうに食べてくれた。

が、我が家の猫は嫌なものは嫌。
的に、かたくなに嫌なものは絶対食べない。
全く興味を示さない。(ガツガツしない)

猫オーナー初心者の私は、
猫の好き嫌いに翻弄されてるかな。

恐るべし「猫」

ミニチュアダックスフンド「りょうま」
イザベラドーベルマン「るびー」
キャバリア「ゆず」

この子達が一緒に居た頃、物の置き場所に困ることは無かった。
(何もしなかったから)

「るびー」が居なくなって、寂しさに耐えきれず、
3年後「るい」を迎えた。
(大型犬を飼う体力の最終段階だと思ったから)

るいは私の触るもの食べるものは何でも興味を持ち、
咥える事が出来れば咥えて何でも持って来る。

台拭き・食器・タオル等々色々。

なので、るいの届かない所の上へ上へと。
が、私の背丈とるいが立ち上がった丈とは余り大差がない。
ゆいつ手の長さ分勝っているかな。

それで済んでいた。
が、恐るべし「猫」

高かろうが狭かろうが何処でも自由自在。
その上、器用な手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この小さいS字かんに掛けているブラシを外し、
るいが加工して私に持って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

るいが外す訳無いので、怒りたくても怒れない。

狭い家なので他に収納場所が思い当たらない。

そんなことはお構い無しで、今現在リラックスタイム。

 

 

 

 

けなげに待つ猫

以前に書いたお気に入りの「猫じゃらし」
あれから今日まで毎日催促。

朝ワンとにゃぁにご飯をあげてから、私の食事タイム。
食事中、録画したものを観ている。
なので、多い時にはテーブルで過ごす時間が長くなる。

食事が済んで食器を片付けようと立った途端、
「にゃぁ~」と足にすり寄ってくる。

側でじ~っと待っている時もあれば、
何処かから走って来る。

けなげと言うか・・・・・

それから、掃除を済ませた後サイフォンでコーヒーを沸かし、
ゆっくりと残りの録画を観る。

 

 

 

 

 

 

 

ティータイムが済んで、片付け終えたら、
何処からともなくやって来て、「にゃぁ~にゃぁ~」と催促。

まぁ、分かるよ。
猫の為にキャットタワーとかの遊び場は作って無いし、
外には出してもらえないし。
ゆずにちょっかい出しても、即ハウスへ逃げ込んで遊ばないし。
るいには勝てないし、毛がベトベトになるし。

程よく遊べるのが「私」
けどそのお母さん、私趣味も多くて結構することが多いのよね。

でもじ~っと待っている姿を見ると、けなげで愛おしい。

猫の居場所

この暑さゆえ、朝からリビングのエアコンをつけて暮らし、
リビングのエアコンを消して、寝る部屋のエアコンを付けて、
朝起きるまで点けっぱなし。
と一日中エアコンの中で過ごしている。
電気料金は当然以前より高い。

これまでは、部屋の温度が33~35度になるまでエアコンは我慢していた。
が、9歳になる毛の多いキャバリアの「ゆず」の暑そうな外観を見ると
そうも言っておれない。
一度サマーカットしてみたことが有るが、今はブラッシングが精一杯。

7月半ばで70歳になった私の熱中症を心配してくれている息子のアドバイスで、
温度管理と水分補給には気を付けている

昔から寝付きが悪く寝覚めの良い、
あまり熟睡出来ないタイプ。
それなのに、殆ど扇風機で乗り越えてきた。
なので、毎日寝不足。

今年からそれを止め、快適に寝られるよう毎日エアコン稼働。
それに伴いワン達もリラックスしてイビキかきながら寝ている。

が、猫は少し違うよう?

普段エアコンが点いていても、玄関の土間だったり物置部屋だったりと、
涼しいのが快適では無いようだ。(結構暑めの28度前後)
私やワン達とは居場所が違うのかな?

でも、夜中最終的には私の横で寝ている。(何時頃来ているのかは分からない?)
途中トイレに起きた時など、ヘソ天で大股開きで寝ている。

ワンと違った可愛さを垣間見る。
猫のツンデレとかの可愛さが分からなったけど、
少し分かったような気がする。
「猫でもこんなことをするんだ」
的な?

呼んだら返事しながら出てくる
とか
トイレの最中、そばで見ていても平気
とか

夜中の猫の声

昨夜24時過ぎて一人とワン2匹がベッドで落ち着いた。
暫くしてニャーも来た。

ふうがベッドに上がって来た時、「にゃぁ~」と言う声が聞こえた。
「にゃぁ~  にゃぁ~ 」と聞こえる。
てっきり「ふう」が鳴いていると思っていた。(声が似ていたから)
がふうを撫でていても鳴いている声が聞こえた。
耳を澄ますと窓のあたりから聞こえる。

ベランダに猫が居るのかな?
と窓越しに見ても、何も居るようには見えない。
でも直ぐ側で聞こえる。

窓越しに見に行く時ふうも付いてくる。

窓を開けるのも怖かったし、
ふうがびっちり側に付いていたので、開けられない。
もし開けて猫が飛び込んできても怖い。
などと思考が飛び交いし、確かめ無かった。

長い間鳴き声は聞こえて居たけど、赤ちゃんでないことは分かった。

エアコンの室外機に挟まれて動けないのか?などと気になっていたが、
2時頃には鳴き声がしなくなったので、ホッとした。

今朝一番に確認したが、猫が居た様子もなく。
あの鳴き声は何だったんだろう?
って、不思議?

情けない親ね

何たら・・・云々は、
5年後だったら、
末っ子を含め皆自分の意志で自由に動けるから
車は無くてもいいかな・・・的な?

大体、孫娘は極度のアトピー。
小さい時から色々なアレルギーが有り、
医者通いに明け暮れていた。
高校1年生になった今現在、多少は緩和されているが、
我が家のワンとにゃーの毛、特にドーベルマンの毛には反応High。
バスタオルや衣類の洗濯には細心の注意が必要。(別格的よ)
通常コロコロは必須。

娘自体るいの毛が付くのを極度に嫌がり、近づくと怒る。

私的には、そんなに嫌ならここに泊まらなくてもいいのに。
と、思う次第。
宿泊ならよそに幾らでも有るし。

そりゃぁ、娘や孫に逢えるのは嬉しいし、楽しいよ。
でも私の家族のワンやニャーの毛が毛嫌いされていて、
極度に避けられているさまは、
なんでうちに来るかな?
って思ってしまうわ。

宿泊費は要らない。
車は使い放題。
メリットはこれくらいかな?

毎回エアコンとかの使用量的な意味を含め
1万円は置いて行ってくれる。
優しさと思うけど、ある意味有り難いけど、
結構傷ついて居るのよね。

情けない親。