治っても良い頃なのに?

違和感を感じたのは4月6日の朝。
歩く時、足の指近い所に痛みを感じた。

「痛い!」って感じるほどでは無かったけど、
段々と痛みが強くなっていった。
歩くのに痛い。

転んだとか打ち付けたとかの記憶も無かったので直ぐに戻ると思っていた。
が、10日経った今日も痛みは変わらず、まだほんのり腫れている。

最悪の事態、「足の切断」とかになったても困るので、
意を決して近くの病院へ行った。

今の時期なので、なるべく人の居る所へは出掛けたく無かった。
でも手遅れとかになったら取り返しがつかないので、重い腰を上げた。

以前その病院で苦い経験が有ったので行きたくは無かったが、
世代も変わったと聞いたので、意を決した。

だが私の説明が悪いのか?先生の聞く耳持たないのか?
見た目も触った感触もレントゲンの映像も、どこも悪い所は無い。と。
で、処方箋に湿布。

湿布で楽になるならと、家に帰って直ぐに貼ったよ。
今22:30
全く痛いまま。

先生曰く、
菌が悪さしているなら、とても痛いはずだし
表面の皮膚の色も変わっている居るはず。
触っても痛くないし、レントゲンで骨も折れても居ない。

等々で、痛むはずが無いと。

私の足はどうなったのでしょうか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください