仲良しの猫とドーベルマン

我が家のドーベルマンは何時までもお子様で、遊びたいモード全開。
6月11日で満5歳になった。
遊んでやりたいのは山々だけど腰の痛みで、相手をしてやれなく、
外に出して走らせるだけ。

人間で言えば体育系。
小さい家だから4方を囲み、好きなだけ走り廻らせている。
結構筋肉はついていると思う。

このドーベルマンに対応出来ないのがキャバリア
もともと愛玩犬の優しいタイプ。
そんなこと知る筈もなく、お構い無く遊び相手としていじめ抜いてる。
(本人(犬)はいじめている気はさらさら無く、遊んでる気)
が、噛み返すとか全く抵抗しなく、隙きを見て安全な所へ退散するだけ。

その上雄猫がやって来た。
その猫は赤ちゃん特有の、天真爛漫。
遊び相手として攻撃してくる。

怒ればいいのに!
と傍で見ていて思っていたが、1年以上経つ今現在でもやられっぱなし。

猫もそれなりに分かっているようで、
最近は悲鳴をあげるほど攻撃はしなくなった。

で、対応できるドーベルマンにロックオン。
毎夜一人と3匹がシングルの簡易ベッドの定位置に付いてから、
バトルが始まる。

私の足や腹や背中を踏みながら、私が「切れる」まで遊ぶ。(殆ど0時過ぎ)
結構仲が良いのよ。

今日めちゃくちゃ腹が立つ事が有り、「るい」を風呂場へ閉じ込めたのよね。
数分後見に行ったらこれ。
猫は自由自在にどこでも行けるのよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください