寝耳に水のC型肝炎

今日は三ヶ月ごとの検診日。
朝6時半のアラームのセットで起きた。
三匹の世話を終え、燃えるゴミを抱えて7時半頃家を出た。
ラッシュの時間帯なので、1時間ちょっと。

今回も悪い結果は覚悟していた。(前回5項目のHigh
結構ビールを飲み続けていたからなぁ。

が今回 意外とHは2つ。
先生も褒めてくれた。

C型肝炎が分かったのは偶然。
たまたま小さかった息子を連れて行った個人病院で進められ、血液検査。
そこでC型肝炎と言われ、日赤の先生を紹介された。
C型肝炎→肝硬変→肝臓癌→死。
だそうな。
まったくの寝耳に水だ。

血液感染ということで、
手術の経験の無い私がどうしてなのか?
思い当たるのは、子供時代の集団予防接種。
あの頃の時代は、一本の注射器で順番に注射してたものね。
証明しようが無いけどね・・・

長生きしたいとは思ってない。(もう結構長生きだもの)
出来る事なら2匹のワンは看取りたい。
まだ若い猫は息子に託す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください