冷蔵庫 “没”

前々から予兆は有った。
最初はパーシャル室でチルド設定にしているにもかかわらず冷凍になっている。
(ま、反対で無いので良いかと。)
そのうち、野菜室に置いているレタスやキャベツが凍結している。
大体右奥のあたりに置いたものが凍る。
これを何ヶ月か過ごした。

先日息子が20日に帰ると連絡があった。
その前日19日、パーシャル室も冷凍庫も溶けていた。

息子は刺身が大好きで、毎回帰って来る日は刺身の盛り合わせは定番。
その盛り付けの時、大皿に凍った保冷剤を敷き詰め、
その上に大根のつまや紫蘇を盛り付け、その上に刺身を盛り付けるという
常に刺身の身が冷たい状況に。
なので、その状況が無理なので、食べる前に購入するしか無い。と。
事前に連絡したがつながらず、駅に迎えに行って、一緒に刺身等を買いに行った。

氷を一袋買い、無料で提供されている氷を袋に詰めて、
家にある発泡スチロール箱に入れ、緊急にビールの瓶を浸けた。
取り敢えず冷えた500mlの缶ビールを5本買ったので、
それをゆっくり飲みながら・・・

冷蔵庫の中に書いてあったのが「1,998年1~6月期」と。
で、古い家計簿を調べてみたら、1,998年3月30日に購入。
もう20年も経っていたのか?
と。
ま、考えてみたらよく保ったな。

でもそんな悠長なことは言っておられん!
もう修理は無理!(部品無し)
買うしか無いよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください