もの怖じしない猫

夏休みに入ってから、娘と孫達が泊まりに来た。
孫の長男と次男はふうが居る時に来たことがあるので面識は有るのだけど、
娘と孫の長女とは初対面になる。

ふうがどう出るか心配したが、普段と行動は変わらなかった。
逃げることもなく、部屋にもついて行ってた。

何時ものように、ベル(トイプー)も連れて来ていて、
二階の部屋で逢わせたらしい。
すると、ふうからゆっくり近づいて行き、ゆっくり手を上げて、
猫パ~ンチ!
だったそうな。

食事の用意中、ベルはおとなしく椅子に座っていたのだが、
やっぱりふうから近づき、おもむろに手を上げて 猫パ~ンチ!

強いね~!

2階のトイレの調子を見て貰うため、今日業者さんに来てもらったのだが、
それにも動じること無く、平気でトイレに付いて行き、
一緒に中へ入り、横になってくつろいでいた。

人見知りしないんだ~?
と、感心した。

ふうは何にでも興味を持ち、何やかや引っ張り出して来て、床へ落とす。
それをるいが引き継いで、再生できないほどカミカミし、ゴミ箱行に。
るいが届かないところへ置いていた物を、いとも簡単に落としてくれる。
もう、片付けて置く場所が無い。

壁を登るので、壁紙がポロポロ床へ。

 

 

ボロい家なのでどれだけ
傷んでも構わないんだけど、
掃除が大変。

 

 

 

 

 

 

最近のお気に入り場所らしい。
ブロックが冷たいのかしら?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

るいがハウスの中で寝ていると、その前でゆずと暑そうに寝ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

るいとふうはとっても仲良しだけれど、ゆずはおとなしいがゆえに、
ふうにおもちゃにされていて、逃げ惑うことが多い。
でも優しいから、ふうが落ち着けば写真のように受け入れている。
それぞれ個性が有って面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください