悪者のドーベルマン

此の6月14日で満2ヶ月になる子猫。
懸念していたトイレの心配は全く無くて、
心配していたワン達とも、何とかやっていけそうで、
ホッとしている。

我が家に来た初日から一人と3匹で簡易ベッドで寝ている。
ゆずは私の顔の横か頭の上。
るいは腰から足の辺り。
新入りのふうは私の脇の辺りでピッタリとくっついている。
3匹はいずれも壁側。
私は落ちそうになりながらも落ちないように頑張って寝ている。

最初はるいを叱りながら、ふうをかばっていた。
何せ潰されそうな子猫。
でも今よく見ると、ふうの方からちょっかい出している。
それをしっかり相手してくれてた。
見た目、胴ごと噛んで持ち上げようとしているので、
つい!叱ってしまう。

見た目は悪者のイメージだが、結構優しい。
ま、うちのドーベルマンは、怖がりの小心者。
母性本能が有るかどうかは分からないが、
なるべくふうとの接触を見ないふりをしている。

子猫が大体こんなのかは分からないが、
イメージと違っていて、ご飯の催促がはっきり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください