缶の威力

是迄何度も娘と孫達が来ていた。
その何度かの経過の中、孫達の図体も大きくなっている。

私の目の届く所では、何もしなかったが、
孫がトイレに立った時や階段を上がり降りする時など、
噛み付きそうなるいの様相ならしかった。
なのでその都度、「おばあちゃ~ん! るい 捕まえて~!」
が、何時もだった.
で最近は例の釘を入れた缶を孫に持たせた。

効果は絶大。

多分、 よそ者の子供が! 的な感覚ではなかったろうか?
それを孫達に使わせたので、此れまでの関係性が少し違ってきた。
今日は自分からすり寄るが如くの、愛想していたような気がする。

釘を入れただけの缶なのに、凄い威力がある。
ま、おんびんたれ(怖がり)なるいだからだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください