BONIQ料理にハマっている今日このごろ

ゆで卵・半熟卵・だし巻き卵・温泉卵の温度設定と時間設定は把握完了。
明日は茶碗蒸しに取り掛かろうと思っている。

15日に帰ると息子から連絡があったので、牛もも肉のローストビーフと
厚切りステーキ肉と、豚肩ロース塊肉でBONIQ料理開始。
それとスクランブルエッグもレシピ道理に作ってみた。

BONIQ料理するには最低限の水の量とMAXの水の量がある。
水の量が多ければ多いほど、設定温度にする為の電気代が掛かる。
なので、なるべく電気代を抑えたい。

最初に使った鍋はアサヒ軽金属の圧力鍋。
大きめの材料や多い目の材料なら此れで良い。
でも少なめの材料だと、水量が多すぎてなんかもったいない感じ。
で、いろいろ寸胴鍋とか探してみた。
広くない鍋を。

容量とか金額とかを比べてみて、
取り敢えず身近なもので安く出来ないかと思い、100均へ。
で、蓋付きのゴミ箱と蓋にするための発泡スチロールを買った。

ゴミ箱の周りを保温材でまくり、底にも保温材を。
蓋にした発泡スチロールに穴を開け、その穴にBONIQを差し込む設定。
使用してみたらとても熱効率が良くて、出来た後もお湯の温度が冷めにくい。

まだ今は検証期間なので、どれが良いのかも分かっていない。
サイトに書いてあった半熟卵の設定温度と設定時間にしてみたが、
固茹で状態に仕上がった。

ま、ぼちぼち私流を作っていきたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください