待望の「BONIQ」入荷

昨年の12月半ば頃「真空低温調理器BONIQ」の情報を知り、色々調べてみた。
真空低温調理のことはテレビなどで見ていたので、興味は有った。
息子がローストビーフなどが好きなので、いろんな手法のレシピで作っていた。
が、温度や時間の微妙な差で出来が違っていた。
グラム数にもよるし厚みにもよる。

私が購入するディスカウントショップは安くて助かるが、高級品はわずか。
貧乏人にお手軽な外国産の脂の少ないもも肉。
此れを柔らかく美味しく仕上げるのは至難の技。
何とか塩麹に漬けたりとか玉ねぎやパイナップル等のレシピも試した。
けど此れで確かというのに行き当たらず。

一度意を決して、手間隙掛けて
温度計を常に見ながら、火をつけたり消したりと温度調整しながら
ローストビーフを作った。
流石に好評だった。
正月用に買ったものより格段に美味しかったとのすごく高評価。

でも、もう一度作ってと言われたら無理。

それでBONIQを知り、購入しようと思った。
鶏肉のパサパサも解消できる。

類似品も沢山有った。
口コミも見た。
BONIQよりも安価な商品の口コミも見た。
8千円台のも有る。
用は温度調節と時間調節。
なので、お安いのでも良いとは思う。

息子曰く「何でBONIQにこだわるん?」
と言われたが、こだわりでは無く直感かな。
外国製もいい感じだった。
でもBONIQに惹かれたの。

Amazonに注文し、12月31日入荷予定。だった。
その後Amazonの注文履歴を見るごとに、
連絡も無いまま予定日がだんだんずれていった。
最後の入荷予定日が2月25日。
もう此れは3月に入るな。
と諦め半分。

なのに昨日急な感じで、発送したとのメール。
今日届きました。

で、今日は材料が卵しか無く、
スクランブルエッグと半熟茹卵を同時進行で作ってみたのですが
証拠写真を撮り忘れ。

一応BONIQはこんなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください