しつけのレベルアップ トイレ編2

るびーは最初から風呂場をトイレとして教えた。
その時は主婦専業だったので、連れて帰った日からず~っと側に居て教えた。
そのせいも有ってか、完璧に風呂場の洗い場でおしっこもウンチもしてくれた。
ウンチはトイレットペーパーで取り、トイレに流した。
なので部屋に臭いが篭もることも無かった。

ドーベルマンを飼おうと思った時、最初に考えたことは「おしっこ」
散歩中や夜中に家の周りでさせるとしても、量が多い。
家の庭でさせると臭いが篭もり(溜まる)、近所迷惑になる。
家の南側は車庫用にコンクリーにしているので、
直ぐに水で流せば何とかなりそうだが、3方は土。
此処に溜まれば、隣近所にに臭うはず。
これを避けるためには、家の中でさせるしか無い。
おしっこシートでは、ギリ無理!大型犬は!
苦肉の策が風呂場。

るいもその作戦ではいたが、たまたま近しい人から頼まれて、
まかないのおばちゃんのパートに出た。
時期が悪かったとしか言えない。
45日目のるいを迎えに行く前に、決まったパート。
1日6時間は私の居ない空間。
不安もありーの、やんちゃもしたいの、的な赤ちゃん犬。

だから、るびーより基本のしつけが出来なかった。
で、先日書いたように「この!バカ犬!」って思ってた訳。
(私が悪いのにね)

でも、パートを止めてから、気長に同じことを繰り返して風呂場に誘導していたら
たまたまかも知れないが、風呂場でした。
そこを見逃さず、褒めちぎったら、たまにするようになった。

が、るびーの様に完全に風呂場の中へ入ることがなく、後ろ片足が廊下に残っている
なので廊下に少しおしっこが・・・・・
そこでおしっこシート。
風呂場の入り口にシートを敷いている。
2~3日でシートを変えているぐらいかな。

るびーからすればおバカ犬だけど、
根気よく教えれば飼い主を裏切らないね。

少しずつレベルアップで教えるわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください