しつけのレベルアップ トイレ編

今現在の我が家のドーベルマンは、私の理想に反していた。
ドーベルマンは賢いと信じていたし、是迄の子は賢かった。
が、飼い始めの環境も違っていたせいでは有るが、るいは今までで最悪。
★トイレを覚えない。
★何でも破壊する。
★ウンチを食べる(初めて明かすこと)
★盗み食いをする
★本気で叱れば牙を剥く
等、どれをとっても最悪。

息子が帰ってくる度、
「何でこんなバカ犬を買ったんだろう」と愚痴をぶち撒けた。
が、幼少の頃から犬を飼い続けてきた体験と知識と 好きさ。
冗談で「どっかの山に捨ててこようかなぁ」と息子に言ったこともある。
冗談ですよ~。

ある時、ふっと思ったことが有る。
私の教え方が悪いのではないか?
きっと理想を押し付けていたのでは?

今までは信じて無かった、
巷で言う、自分が変わればなんたら・・・・相手も変わるなどとの話。

で、粗相をしてもいいわと、思いを変えた。(好きな所でどうぞ・・)と。
その後、絵に描いたように、
おしっこをしそうな場所に新聞紙をしいたら、その上にしてくれた。
(それまでは新聞紙を上手に外してしていたけど)
で、その新聞紙の上におしっこシートの大判を置いた。
すると、上手にシートの上でするようになり、外すことが無くなった。

ハチャメチャに何処にでもおしっこをしていたのが、シートの上に定着した。
定着した後、場所を風呂場の入り口にシートを置いて、
風呂場の中をトイレに指導した。

今はそれが定着している。
風呂場の中にしてくれれば、水で流しブラシで洗える。

ただ、るびーのようにはいかなかったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください