腰痛に耐えながらワン達のシャンプー

3ヶ月弱ごとにゆずを爪切りに連れて行っていた。
が、その期間を過ぎていたので爪の伸びが気になっていて、
近くのホームセンターの中のペットショップで爪切りをして貰った。
そこは途中からオーナーが変わり、それとともに少しシステムが変わった。
以前は爪切りを頼むと肉球の間に伸びた毛もやんわり刈ってくれていた。
が、替わって以後は、爪切りだけ。
で、毛が伸びていると爪を切る時に結構邪魔で、毛を巻き込む。

それで私は肉球にまつわっている毛をカットしてから予約をし、連れて行っている。
シーズー犬を飼っていた頃に購入したバリカンと、新しい機種と。
やはり古いタイプのバリカンは、替刃がもう無い。

今タイプのバリカンの刃も高い。
1個2500円ほど。
2回目使うのはどうかな?
的に、あまり良く切れない。(業務用で無いので、研ぎに出せないタイプ)

だからシャンプーしてドライヤーを掛け、
全く外へ出して無く土や石を拾ってない状態で毛のカットをしている。

これは、シャンプーに出した方が安くないか?
とは思う。
けど、多分私だから安心して身を任せてくれてるんだと思うので、
面倒くさいのだけど、
シャンプー → ドライヤー乾燥 → ブラッシング → 毛のカット
を毎回続けている。
なので、今日はシャンプーだ!!と気合を入れなければ出来ない。

ゆずは気合を入れなければならないほど後の作業が大変だが、
るいはシャンプー自体が大変。
るびーの時は簡単に出来たシャンプーだが、るいは手間が掛かる。
まず、呼んでも来ない。
ハウスの奥に入り込んで出て来ない。
それを引っ張り出して、風呂場まで引っ張る。
中へ連れ込んでドアを閉める。
そこからあがき始める。

決して叱ったり脅したりしていなくて、優しく声をかけながら
「お利口だねぇ~・・・なんちゃら・・・」

なので、2匹のシャンプーを終えた後の作業を含めて、
腰が動けなくなるほど痛む。
1日がかりの仕事になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください