ドッグフードが気に入らないキャバリア

是迄は同じドッグフードを、るいとゆずに与えていた。
フードは運動量の多いるいに合わせている。
しかし、何時も寝てばっかりのゆずなので、ちょっと太り気味。
勿論運動量を考えて、グラム数を抑えていた。
ダイエットの為、
小さい茶碗の底に並べても、まだ余裕のあるほどの少ない量。
それでも、体重は減らなかった。

一時、ゆずには1日1食にして、分量を多くして与えていたが、
「るいが食べている時に、それを見ているゆずが可哀想だ」と
息子が言うので、元の1日2食に戻した。

7歳を過ぎてシニア世代に入ったので、フードを変えてみた。

 

 

 

 

 

 

アレルギーは無いが、
「7歳からのアレルゲンカット」

 

 

 

 

 

 

これが気に入らないらしい。

 

毎回見向きもせずに、るいの茶碗の匂いを嗅ぎに行く。

 

 

 

 

 

 

 

そして毎回期待を込めて、私の顔をじっと見る。

もう4日めになるが、今朝は食べなかった。
食べないので、るいが食べてしまわないよう高い場所に置いていたら
その場所に来る度、上の方の匂いを嗅いでいるるいが居た。

流石にお腹がすいたのか、夕食では朝食の分をきれいに食べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください