犬の躾け

最初の記憶に有る、飼って居た犬種は雑種。
私は多分小学4~6年生頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を躾けたとかは記憶に無かったと思うが、毎日朝夕散歩へ連れて行ってた。
昔の事なので、散歩時ノーリード。
でも人を遠目に感じたら、何処に居ても即私の側へ戻って来た。
(ま、田舎の田んぼ道なので、
通り過ぎるのはお百姓さんや自転車で通り抜ける人ぐらいだけど。。)
で、通り過ぎるまで私の足元で大人しく待っていた。
決して教えていない。
が、遠目に人が見えたら、呼び戻していた。
それを学習していたのだね。

その子が亡くなった後記憶に有るのがスピッツ。
(この子はどういうたぐいでうちに来たのか記憶が無い)
と言うのも私の父は、口が付いているもの(食べる生き物)はすべて嫌い)
なので飼うようになったストーリーの記憶が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど巷で言われている、キャンキャンとうるさい犬とは全く違い、
すごく、お利口だった。
無駄に吠えることはなく、教えたことは全て覚えた。

その子が亡くなった後、お隣のご主人が
この子の真似をして自分とこで飼い始めたワンを、
飼うのは無理と思ったのか、私にあげると連れて来た。
私や私の家族が欲しいなどと一切言っていないのにもかかわらず
当然のように置いて行った。
飼うしか無いよね。
その子がスピッツのかかった雑種(昔の言い方かな?)。

 

 

 

 

 

 

 

欲しいと思ってなかった子だけど
でも飼えばそれなりに可愛かったよ。
しかし同じように躾けたつもりでも、全く違っていた。
それが血統によるものなのかどうか分からない。
けど、やっぱりそれも有りかなとこの子で感じてしまったわ。

その子の次からは自分の意志で飼おうと思った子(犬種)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください