Sony BRAVIA 42型 没

7日(日曜日)寝るまでは録画していたものを、普通にテレビで観ていた。
8日朝、何時ものように朝食を取りながら録画を観ようと、
スイッチON。
画面真っ黒のまま。
えっ!
あっちこっち、思いつく限り触ってみた。
何をしてみても、真っ黒の画面。

2,009年の10月に子供達に買ってもらった、ソニーのブラビア42型。
使用頻度にもよると思うが、まだ10年にも満たない。
買った家電量販店は自宅からは遠いので、
近くの家電量販店へ修理の依頼をしてみた。
直ぐソニーの修理部門から確認の電話があった。

電源を繋いだままで、スタンバイモードの電気がついているかどうか?
点いていて、点滅しているかどうか?
その点滅の回数が何回か?
と聞かれ、
私「14回です」
「それは画面部分になります云々・・・」
「出張費で3800円から5800円程になります・・・・・」
「画面関連になりますと、5万???から4万弱ほど・・・云々」

買った時は14万程だったけど、今はそこまではしないだろとう思い、
ネットで調べてみたら、修理費近い金額で有ることが分かった。
で、息子にその旨報告がてら相談してみた。

で、息子が
同じSonyのBRAVIAで、48型を買ってくれた。
有り難いこと、この上ない。
幸せな親だ。

情けない親、代表。

その上に、今使っているPCの限界に近い状況に気を使ってくれ、
ノートPCも買ってくれた。

私は、
この子にだけは、絶対私のことで迷惑をかけない。
と、思ってきた。
障害者に産んだのは私だから・・・・・
どれだけ恨まれても、当たり前だと思っている。

なのに、常に気を使ってくれる息子。

産もうと思って障害者に産んだつもりは無いけど、
彼自身は理不尽に思ったことだろうと思う。
変わってやれるもんなら変わってやりたいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください