アイコンタクトⅡ

先日、見知らぬ若いお兄さんが、我家の前を行ったり来たりしていた。
気にも止めず、るいとゆずを外へ出し、私は玄関先でワン達をみていた。
その若いお兄さんはご近所さんのインターホンを押していたようなので、
何かのセールスマンさんかな?
程度の認識だった。

段々私の家に近づいて来たので、
何時ものように、土手の方を暫く見つめていたるいを呼び戻そうと思った矢先、
るいが「入ったほうが良い?」った感じで私を見つめたので、
顔をちょっと動かして、「入れ」のサイン。
即それに答え、家に入った。

で、そのお兄さんを見たら、
びっくりしたような感じで止まって、こちらを見ていた。

で、結局私の家はスルーして、お隣さんへ入って行った。

それを息子に話したら、
「見るからに凶暴そうな大きい黒い犬を見たら、誰も怖くて入れんわ。」
ですと。
お陰様で、見知らぬ人は殆ど訪れない。
○○○などの宗教普及活動されている、子連れの方達も。

今日は久しぶりにCDタイム。
ビールを飲みながら、
CDやSDに入れてる歌をイヤホンで聞きながら、
大声を出して歌っている。
傍だと聞き苦しいと思う。
けど、実際それほど大きい声では無いので、
ご近所様には聞こえてないと思っている。

私の歌を子守唄と思えるのか?熟睡タイム。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください