C型肝炎治療

現在私67歳。
40代前半にC型肝炎だと宣告された。
寝耳に水。
入院と言えば出産の時のみで、怪我などで入院したこは無し、
当然輸血など生まれてこの方されたことがない。

近くの医院の診療が突然無くなり、仕方なく少し遠い医院に、たまたま行った。
そこで検査しませんかと言われ、何も考えずたまたま受けた。
(検査が何なのかは全く分かって無かったから)
結果C型肝炎と言われ、個人病院では対応でき無いとのことで、
日赤病院を紹介された。

専門の先生を紹介され、今現在もその先生の診察を受けている。
治療当初、主婦で有り、母親でもあったので、
副作用がすごくキツくて大変だった。
それにも増して、金銭的に負担が大きかった。

治療を受ける前に、私が先生に確認したことは、
・このまま治療せず、肝硬変→肝臓がん→死亡に至るまでの時間
・40代前半の今現在からこれから生きる時間(長寿はしたくない)
の違いを。
そんなこと返事のしようが無いよな。

どっちにせよ治療を受けるとなると、お金がかかる
私一人では判断は出来ないので
旦那様に報告。(相談では無い)
(私的にはどうでも良かった)
どっちにしても大差ないと思ったから。
後で気が付いたが、
そんなことを言われて「治療するな」
なんて言う人は居ないよね。(普通の人なら・・)

お陰様で、治療の経過は良く、担当の先生は一番良い例と認識されているよう。
ただ菌が全滅とはいかないので、3ヶ月ごとの検査を今現在も続けている。

担当の先生は、最初診察を受けた時からこれまで3回の転勤命令を受けている。
その度遠くなっているが、追って付いて行っている。
県外の転勤になれば、無理かも。
転勤になる度、他の先生に引き継ぎをと提案されたが、
「ついて行きます」と。
3ヶ月ごとの血液検査で、今の所大きな変化は無し。
で、今現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください