りょうまは小型犬だけど、強かったわ。

毎日ゆずは、るいに襲われている。
怪我をさせるようなことは無いが、
襲われる度ゆずは「きゃ~ん!」と悲鳴を上げる。
るいは遊びたいだけ。
傷をつけることはない。
でも大きさの違いは、やっぱり大きいね。

るいは今年の6月11日で満3歳。
もう少し歳を経れば落ち着くと思う。
ゆずは、シニア時代に入った。

るびーを迎えた時、
ミニダックスのりょうまは7歳。
その時もう一匹シーズー犬のさくらがいた。
位置的にさくらは母親。
りょうまはお兄さん。

生後45日でやって来たるびーの体は、みるみる大きくなり、
遊ぶのにミニダックスは非常に不利。
だけどりょうまは、オスのプライドが有ったようで、
負けてはいなかった。

ゆずは女の子。
りょうまほどの対等意識は無いらしい。
ま、穏やかな優しい性格なのだろう。
はっきり言って、やられっぱなし。
悲鳴を上げて、私にアピールするだけ。
その度るいをいさめるが、
遊んでいるとしか思っていないので、
反省する様子はまるでない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください