C型肝炎検診結果、悪い

3ヶ月毎のC型肝炎の血液検査に、重い腰をあげた。
今時なので、外出はしたく無かったし、特に病院は。。。

でも薬を出して貰うには、仕方ないしね。

で、早起きをして3匹の世話を済ませて出かけた。
7時12分に家を出、ゴミを出し、国立病院へ。

9時過ぎに出かけていた頃は、40分ほどの距離。
が、ラッシュにもかかるので、着いたのは8時12分頃。
1時間。

何故早く出かけるようにしたのかは、
広い駐車場にも関わらず、止める場所が無かって、
明らかに止める場所では無い所に誘導して貰って止めることが出来たこ。

今日は採血後の11時診察予約にも関わらず、
10時過ぎには会計を済ませることが出来た。
今までで最速かな。

血液検査結果は悪かったね。
肝機能も悪かったし、
中性脂肪もかなり高かった。

もうすぐ71歳のおばあちゃんだから、
当たり前かもね。(^^;

母が45歳で逝き、兄が52歳で。

なので私は長生き過ぎ。

毎日マスク作り

今、マスク作りにハマってしまって、
毎日プリーツマスクや立体マスクを作っている。

頼まれた従兄弟用
息子用
お嫁さん用
娘用
孫用
自分用
ご近所さん用
他予備用
等。

安くて気に入った生地を買い溜めていて、
いわゆる「売るほど布は有る」ので、
マスクに向いた生地で気ままに作成している。

これで喜んで貰えれば嬉しいわ。

頼まれてマスク作り

噛まれた所は未だに透明な汁が出ていて、
滅菌ガーゼを再々取り替えても取り替えても、溢れ出ている。
でも当たらなければ、痛みは感じない。

右足の甲から指にかけて腫れていた所の方が痛い。
歩く度に痛みを感じるのは未だ同じ。

どういう症状が出ようと、何時でも何処でも「加齢」の一言。
が常ね。
日頃の生活態度と運動不足が災いしているのは承知のところ。

運動不足に輪を掛けるように今現在、マスク作りに励んでる。

趣味が、和裁・洋裁・編み物
なので、色々な素材を売るほど持っており、
たまたま従兄弟に頼まれて、
今プリーツマスクを作っている。

ドーベルマンに噛まれた!

昨朝、窓のカーテンを開けた後、3匹とベッドを降りた。

その後、最初にるいを風呂場のトイレに入れるのだが、
直ぐに入ろうとしなかったので、
「さっと入れよ!」
と蹴る格好をした。

それが気に入らなかったらしく、
とっさに、ふくらはぎを噛まれた。

結構傷は深いらしく
血が止まらなくて、
未だ動くと血が出る。

悪気が無いのは分かっている。
とっさの防衛本能だろうから。

でも、私の捉え方のショックが大きくて・・・。

結局、信頼関係は無かったのだと思うしか無い。

先代のるびーは頭が良くて、ひょうきんで、
私の理想を超えた対処をしてくれてた。

それを理想としてしまっていたかな?

我が家の1日

足の痛みは未だ改善しないまま、3匹の世話をしている。

朝一番にるいのトイレの後始末、
その次にゆずを外に連れ出し、トイレの後始末、
(四方をフェンスで囲っているので、敷地外へ出ることは無い)
最後にふうのトイレの後始末、
と順番に済ませ、
3匹の食事の用意。

その後私の食事タイム。
食事をしながら、録画した番組を視聴。
視聴しながら午前中にコーヒーを沸かして飲む。
視聴が一区切り着いたらPC。

現在は手作りマスクも作成中。

私自身、1~2ヶ月出かけなくても(人と会わなくても)全然苦にならない。
やりたいことは沢山有るけど、気分次第。
誰にも求められていないからね。

24時前後に3匹共々一緒に2階の寝室へ上がり、
5000円程のシングル簡易ベッドで寝る。

以前は、ふうが間を開けて最後に上がって来るので、
待ってました!
とばかりに、るいが遊びモードで暴れていたが、
最近は少し落ち着いて来たようで
2匹ともおとなしく定位置につく。

ゆずは2匹にはお構い無しで、定位置で朝まで寝ている。

これが最近の我が家の1日。

以前より眠れている感じがする。
気温が上がって居るからかもだが、
朝一番の血圧測定で基準内が多くなった。
(高血圧症なので、160以上とかも多かったからね。)

足の痛み未だ改善無し

この時期出掛けたく無かったが、
痛みに耐えきれず、意を決して2軒目の病院へ行った。
結局さほど新しい情報は無かった。

今回の先生曰く、
「足の血の巡りが悪いから」
との見解で、
「スクワット」をせよと。

ウォーキングは有酸素運動で筋肉強化とは関係無い。
とのこと。
スクワットで足の筋肉強化をし、
血流の強化をせよと。

処方箋では、痛み止めみたいだった。

自分でも感じていた。
動いていないことは。
テレビを見るのに座りっぱなし。
パソコンするのに座りっぱなし。
趣味の手芸も座りっぱなし。

それを踏まえて、
簡単なスクワットを始めてみたわ。

右足の甲の腫れが引くことを願って・・・・・。

別の病院へ

4月15日に意を決して病院へ行った。
が、湿布を処方されただけ。
でも全く症状が改善されること無く、痛みが増す一方。

どうしたものか?と思いつつ、痛みに耐えていた。
痛みが増して、歩くのにびっこを引くようになった。

もう一度診て貰おうと別の病院へ。

処方されたのは痛み止め。
らしい。

心配の種はドーベルマン「るい」

意を決して病院へ行った挙げ句、何の解決策も無くて今日に至る。
処方箋の湿布も別段変化無し。
痛くて堪らないとか程では無い。
でも、歩く度に痛い。

長生きしたいとは思っていない。
娘も息子も、もう私は必要ない。

私もやりたいことはして来た。
今この瞬間終わっても悔いは無い。

が、ゆずとるいを見送るのが私の使命。
ふうは息子に託している。

心配の種は「るい」

るいを貰ってくれる人が入れば・・・・・・。

でも、持て余しているドーベルマンなので
人には託せられないかも?

治っても良い頃なのに?

違和感を感じたのは4月6日の朝。
歩く時、足の指近い所に痛みを感じた。

「痛い!」って感じるほどでは無かったけど、
段々と痛みが強くなっていった。
歩くのに痛い。

転んだとか打ち付けたとかの記憶も無かったので直ぐに戻ると思っていた。
が、10日経った今日も痛みは変わらず、まだほんのり腫れている。

最悪の事態、「足の切断」とかになったても困るので、
意を決して近くの病院へ行った。

今の時期なので、なるべく人の居る所へは出掛けたく無かった。
でも手遅れとかになったら取り返しがつかないので、重い腰を上げた。

以前その病院で苦い経験が有ったので行きたくは無かったが、
世代も変わったと聞いたので、意を決した。

だが私の説明が悪いのか?先生の聞く耳持たないのか?
見た目も触った感触もレントゲンの映像も、どこも悪い所は無い。と。
で、処方箋に湿布。

湿布で楽になるならと、家に帰って直ぐに貼ったよ。
今22:30
全く痛いまま。

先生曰く、
菌が悪さしているなら、とても痛いはずだし
表面の皮膚の色も変わっている居るはず。
触っても痛くないし、レントゲンで骨も折れても居ない。

等々で、痛むはずが無いと。

私の足はどうなったのでしょうか???

一週間になる足の違和感

先週の月曜日朝、少し右足先に違和感を感じた。
が、何がどうした?の何の記憶も無いので、気にはなりながらもそのままだった。

直ぐに解消すると思っていたが、今日現在も違和感あり。
その違和感というのは、右足の5本指あたりから中程に向けた場所が腫れて居る。
打った記憶も無いし、不思議?

右足のふくらはぎ2箇所が痒くて掻きむしった挙げ句カサブタにになり、
そのカサブタを幾度となく掻きむしっていた。
そのせいかどうかは分からないが?
ひょっとしたら?、
掻きむしった傷から雑菌が入ったかも?

普通に歩くと痛い。
その痛さが続いている。

ちょっと、ヤバいかも・・・