猫も理解してる

一人暮らしのば~さまの、気まま暮らし。
寝る時間も起きる時間もその日の気まま。
寝る時間が24時を超えることもしばしば。
ワン達はそれを踏まえ、うとうと寝ながらじっと待っている。

「さぁ~寝るよ~」
と呼びかけ、リビングの電気を消すと当たり前のように皆、階段に向かう。

で、我家の猫も後に続く。

そして、それぞれの定位置に着いて寝ている

猫もワンと同じ、ちゃんと理解している。

猫に「待て!」

私の食事前にワンと猫の食事を与えてる。
年功序列。

2匹のワンのフードをセットし、「よし!」
で、食べさせ、
その後猫用に、レトルトとキャットフードを混ぜて与えている。

レトルトを茶碗に入れると直ぐに食いついていたので、
フードを入れて混ぜ合わせている間待たせる為、
「待て!」と言って制していたら、
ちゃんと待つようになった。

猫って賢いんだねぇ!
45日目で迎え、最初に猫砂の中へ入れただけで、
何も教えなくてもこれまで失敗は一度も無し。

入り込んだのを知らなくて、何時間も閉じ込めた事が何度か有るが、
今の所何も無し。

我が家のワン達のトイレの躾は結構時間をかけた。
個体差が有るので、早い・遅いは有るが
手とり足取りと教えて来た。

猫のトイレの躾の簡単だったこと!
其れにも増して、ちゃんと言うことを理解しているのかな?
って思うほど、反応してくれる。

「ふうちゃん!」って呼びかけると「にゃぁ~」と返事しながら現れる。
「此処へおいで!」と言えば、膝へ飛び乗る。
「寝るよ~」と言えば一緒に階段を上がって行く。
等々。

ほんと!
猫って賢い!

食事管理

術後迎えに行った時、
「去勢後は太りやすいので、気を付けて下さいね」と看護師さんに言われた。
我家の猫は骨格が大きいそうな。
大きい雄猫らしい。
生後10ヶ月と10日で5.3kg。
ま、親を見ていないし、そもそも猫を飼うのが初めてなので、
大きいも小さいも全く分からない。
今の体重より増やさないほうが良いとのこと。
なので、5kg目安でキャットフード・おやつ・煮干しのカロリーを計算し
朝晩2回の大体の食事分量を決めた。

運動量を考えると、
今後も外へは出さないし、猫タワーとかも置くつもりは無いし、
(てか、置く場所も無いし、置いたとしても壊すだろうなと思うやからも居るので)
で、さほど活発に動くことは無いだろうな?
との計算での分量。

るいとゆずにちょっかいは出しているが、
ゆずは、やられっぱなしで逃げる。
るいには、遊びモードにまで持っていくが、
逃げ込む所が有りすぎて、るいが深追いしない。

結局我家内では運動は無理。
この先デブるのが目に見える。
なので、ふうの食事管理は徹底する。

長年の持病の腰痛悪化で、以前からるいの散歩は無し。
その為、家の四方を囲み1日何回か外へ出して走らせている。
食事はかなり多め(約1.5倍の2回)に与えているが、太らない。
(うらやましい)

ゆずは太りやすい体質もあり、るいと同じフードなので、
年齢を考慮しながら体重の80%で計算。
もちろんおやつも計算のうちです。

猫の去勢手術

昨日予約していた病院へふうを連れて行った。
前日の寝る前から水や食べ物は与えないことと言われていたので、
流しの中やるいの水飲み茶碗も拭き、
次の日ふうを車に乗せるまで2匹のワンのご飯無しと気を付けた。
1泊ということで、今日迎えに行った。
車に乗り慣れて無いので不安だったのだろう、
行きも帰りもにゃぁにゃぁと鳴きっぱなしだった。

帰って食欲も有ったし、今までと変わらない行動なので安心した。
人間の勝手で去勢や避妊をするのは可愛そうだと思うけど、
これから先のことを考えるとやむを得ない。
その分大事にしようと思う。

冷蔵庫没の後、
21日木曜日息子と共に冷蔵庫を買いに行った。
近くの電気屋さんにするか家電量販店にするか迷ったが、
直接見比べるほうが良いと思い、量販店へ行った。
(電気屋さんではくらべるほど台数置いていないので。)
で、同じ程度の冷蔵庫で三菱かPanasonicかに迷い、
結局はPanasonicの450Lに決めた。
直ぐにでも欲しかったが、在庫が有るにも関わらず、
明後日(2/23土曜日)の配送になるとのこと。
色は2種類で在庫なしの方は1週間先になるそうな。
なので有る方を選んだのに・・・

帰ってから、冷蔵庫を入れ替えるべくスペースを作るため、
食器棚や他の棚の中身を出し、棚を一人で動かした。

搬入当日ギリギリの狭い空間のなか、流石専門家2人!
100kgもあるそうだがそつなく収めて下さった。

後はゆっくりと片付けることにし、やっとそれを昨日完了した。

冷蔵庫 “没”

前々から予兆は有った。
最初はパーシャル室でチルド設定にしているにもかかわらず冷凍になっている。
(ま、反対で無いので良いかと。)
そのうち、野菜室に置いているレタスやキャベツが凍結している。
大体右奥のあたりに置いたものが凍る。
これを何ヶ月か過ごした。

先日息子が20日に帰ると連絡があった。
その前日19日、パーシャル室も冷凍庫も溶けていた。

息子は刺身が大好きで、毎回帰って来る日は刺身の盛り合わせは定番。
その盛り付けの時、大皿に凍った保冷剤を敷き詰め、
その上に大根のつまや紫蘇を盛り付け、その上に刺身を盛り付けるという
常に刺身の身が冷たい状況に。
なので、その状況が無理なので、食べる前に購入するしか無い。と。
事前に連絡したがつながらず、駅に迎えに行って、一緒に刺身等を買いに行った。

氷を一袋買い、無料で提供されている氷を袋に詰めて、
家にある発泡スチロール箱に入れ、緊急にビールの瓶を浸けた。
取り敢えず冷えた500mlの缶ビールを5本買ったので、
それをゆっくり飲みながら・・・

冷蔵庫の中に書いてあったのが「1,998年1~6月期」と。
で、古い家計簿を調べてみたら、1,998年3月30日に購入。
もう20年も経っていたのか?
と。
ま、考えてみたらよく保ったな。

でもそんな悠長なことは言っておられん!
もう修理は無理!(部品無し)
買うしか無いよな。

一人暮らしのデメリット

2002年に離婚し、子供達も独り立ちしていたので、一人暮らしとなりました。
その時、シーズーの「さくら」とミニダックスの「りょうま」がいました。
2004年にイザベラドーベルマンの「るびー」を迎えて3ヶ月後、
「さくら」が13歳と4ヶ月で天国へ旅立ちました。
2010年にキャバリアの「ゆず」を迎え、2011年に「るびー」が天国へ。

りょうまとゆずと3人(?)の穏やかな暮らしになりましたが、
2013年にりょうまも15歳11ヶ月で旅立ちました。

ず~っとるびーとの暮らしが忘れられず、
2014年ドーベルマン「るい」を迎えました。

年老いたば~様の一人暮らしに、ドーベルマンは力が要りますが、
何とか暮らしています。

一人なので家では気を使うことが無く、
自分の思い通りに過ごせるのはストレス無くてメリットなのですが、
体調のすぐれない時でも寝ている訳にはいかず、
ワン2匹と猫1匹の食事やトイレの世話と、相手をしてやらねばいけないので、
なかなか体調が戻りません。
今回もずるずると長引いてしまいました。
一人暮らしのデメリットですね。

体のしんどい時、飲まず食わずでも良いからじっと寝ていたいですね。(^^;
自業自得ですけど・・・

猫にリード

我が家の猫は現在9ヶ月半になる。
貰った次の日に病院へ連れて行き、ワクチン接種やら身体検査をしてもらった。
その時に去勢の旨を伝えたら、来年の2月過ぎてが良いと言われた。
で、もうそろそろなのでリードを買って来た。
男の子なのだが、つい赤を買ってしまった。

最初は診察台に乗せてもおとなしくしていたが、
今度はどう動くか分からない。
もし、逃げ出したら捕まえるのが大変そう。
犬のように呼び戻し出来るかどうか?
これ迄一度も外へは出していない。

最初にリードを付けた時、噛み付いたり爪を立てたりとめちゃくちゃ嫌がった。
ま、当然だけど。
なので慣れさせる為に毎日装着している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首も胴もゆるゆるで。
夕食前には取り外し朝食後に装着。
この後姿、ちょっとおデブになったかな?

恐怖の検診結果

連休あけの15日は、3ヶ月に1度の「Ç型肝炎検診日」

なのでその前日の夜、用意万端整え終了。
(生ゴミを出す用意・長い待ち時間を過ごす為の編み物や読み物ほか諸々)
iphoneのアラーム6時セット。
「さぁ!寝るよ!」と3匹に声かけたのが、23時40分頃。
その掛け声でワン2匹は階段を上がる。
見ていて微笑ましいのは、猫も一緒に上がって行く。
ふうは何処に居ても掛け声で、ワン達と一緒に階段を上がって行く。

此処まではとても微笑ましく良い感じ。
が、私がベッドに横になってから、猫とドーベルマンが遊びに入る。
毎回ふうが、るいにちょっかい出す。
(ベッドの下から顔や手を出して、るいを挑発する)
その誘いに簡単に乗ってしまう、るい。

何時もなら良い!
でも、明日は早いんだ!
と、心が叫び
るいに向けて、
「遊ぶんなら!、ハウスへ行け!!」と大声で威嚇。
   (下へ降りて遊べ!という意味)
が、ふうが遊びを止めない限り、るいはのる。

結局それを叱る興奮で目が覚めてしまい、やっと明け方うとうと。
アラームで暗い朝、起きた。

早く出るつもりが7時35分頃出発。
病院に着いたのが8時40分頃。

いつものペースだったら、13時前後で終わるのが、
何故か10時半頃終わった。
連休明けというのに。
こんなに早く終わったことは無かったのになぁ?

で、結局検査結果、最悪。
前前回悪かった数値が前回回復していたのに気を良くした怠慢かな?

猫の育て方の反省

何度も書いているが、猫を育てるのはふうが初めて。
生後45日ほどで我が家にやって来た。
貰った次の日、動物病院へ連れて行き、診察して貰った。

その時、猫は自分で綺麗にするのでシャンプーしなくて良いし、
年に一度ワクチン接種だけだと聞いた。
フィラリアもしなくて良いと聞いたような。
お金も掛からなくて助かるなぁと感じた記憶が。

貰って帰った日、猫砂を入れたトイレに一度入れただけで、トイレは完璧。

ほんとに猫って手間がかからないんだなぁ。
と感心して、何も教えなかった。
が、今に至って「しまった!」と思ったことが「シャンプー」。
何時も自分で綺麗にしているので、気にならないのだけど、
シャンプーを慣れさせて置くべきだったと反省している。

水を流した直後の風呂場とか台所の流しとか平気で歩き、
ところかまわず手足をピッピッと振る。
あっちこっちに猫の足跡が。
ま、足跡も可愛いんだけどね。
でも水をかぶるのはすごく嫌がる。
当然だと思うけど、テレビなどで風呂に入っている猫を見ると
なんか羨ましいな。

キャットウォークなんか作らなくてもいいのね?

 

 

 

 

 

 

シャンプーを怖がるドーベルマン

毎回シャンプーの時手こずるのがドーベルマン。
雰囲気を察知して、早々とハウスへ閉じこもる。
当然呼んでも来ない。
首輪を掴もうとしても届かない。
おやつで釣っても引っかからない。
毎回首輪を引張って、風呂場へ引き込む。
と、とってもめんどくさい。

適度のお湯で優しく声をかけながら洗っていても、
何故かブルブル足が震えている。
これ迄手荒に扱ったことは無いのだけどね。
短毛だから洗いやすいのだけど、
るいのシャンプーは中途半端に腰を曲げるので結構辛い。

素直に風呂場へ入って行くのが ゆず。
決して好きな訳では無いのだけど、私の褒め言葉と後のご褒美目当て。
ゆずはシャンプーの後、テーブルの上でドライヤー。
大体乾いたら完全に乾くまで自由にさせとく。
そして完全に乾いたら、ブラッシングと足の先・足の裏の毛のカット。
最後が爪切り。
と、結構時間がかかる。

27歳の時腰をねじってから云十年腰痛三昧。
あちこちと治療に通ったが全く良くならず、痛いのが当たり前で今日まで来た。
半年前頃から寝返りも出来ない程に辛くなったが、
どうせ医者に行っても治らないと思っているので、我慢している。
その体に鞭打っての作業なので、終わった後真っ直ぐ立てない。

ゆずはシャンプー・爪切りは店でして貰えるけれど、
るいのシャンプーを頼めるところが無いのね。
出来る限り頑張らねば・・・