一人暮らしのデメリット

2002年に離婚し、子供達も独り立ちしていたので、一人暮らしとなりました。
その時、シーズーの「さくら」とミニダックスの「りょうま」がいました。
2004年にイザベラドーベルマンの「るびー」を迎えて3ヶ月後、
「さくら」が13歳と4ヶ月で天国へ旅立ちました。
2010年にキャバリアの「ゆず」を迎え、2011年に「るびー」が天国へ。

りょうまとゆずと3人(?)の穏やかな暮らしになりましたが、
2013年にりょうまも15歳11ヶ月で旅立ちました。

ず~っとるびーとの暮らしが忘れられず、
2014年ドーベルマン「るい」を迎えました。

年老いたば~様の一人暮らしに、ドーベルマンは力が要りますが、
何とか暮らしています。

一人なので家では気を使うことが無く、
自分の思い通りに過ごせるのはストレス無くてメリットなのですが、
体調のすぐれない時でも寝ている訳にはいかず、
ワン2匹と猫1匹の食事やトイレの世話と、相手をしてやらねばいけないので、
なかなか体調が戻りません。
今回もずるずると長引いてしまいました。
一人暮らしのデメリットですね。

体のしんどい時、飲まず食わずでも良いからじっと寝ていたいですね。(^^;
自業自得ですけど・・・

猫にリード

我が家の猫は現在9ヶ月半になる。
貰った次の日に病院へ連れて行き、ワクチン接種やら身体検査をしてもらった。
その時に去勢の旨を伝えたら、来年の2月過ぎてが良いと言われた。
で、もうそろそろなのでリードを買って来た。
男の子なのだが、つい赤を買ってしまった。

最初は診察台に乗せてもおとなしくしていたが、
今度はどう動くか分からない。
もし、逃げ出したら捕まえるのが大変そう。
犬のように呼び戻し出来るかどうか?
これ迄一度も外へは出していない。

最初にリードを付けた時、噛み付いたり爪を立てたりとめちゃくちゃ嫌がった。
ま、当然だけど。
なので慣れさせる為に毎日装着している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首も胴もゆるゆるで。
夕食前には取り外し朝食後に装着。
この後姿、ちょっとおデブになったかな?

恐怖の検診結果

連休あけの15日は、3ヶ月に1度の「Ç型肝炎検診日」

なのでその前日の夜、用意万端整え終了。
(生ゴミを出す用意・長い待ち時間を過ごす為の編み物や読み物ほか諸々)
iphoneのアラーム6時セット。
「さぁ!寝るよ!」と3匹に声かけたのが、23時40分頃。
その掛け声でワン2匹は階段を上がる。
見ていて微笑ましいのは、猫も一緒に上がって行く。
ふうは何処に居ても掛け声で、ワン達と一緒に階段を上がって行く。

此処まではとても微笑ましく良い感じ。
が、私がベッドに横になってから、猫とドーベルマンが遊びに入る。
毎回ふうが、るいにちょっかい出す。
(ベッドの下から顔や手を出して、るいを挑発する)
その誘いに簡単に乗ってしまう、るい。

何時もなら良い!
でも、明日は早いんだ!
と、心が叫び
るいに向けて、
「遊ぶんなら!、ハウスへ行け!!」と大声で威嚇。
   (下へ降りて遊べ!という意味)
が、ふうが遊びを止めない限り、るいはのる。

結局それを叱る興奮で目が覚めてしまい、やっと明け方うとうと。
アラームで暗い朝、起きた。

早く出るつもりが7時35分頃出発。
病院に着いたのが8時40分頃。

いつものペースだったら、13時前後で終わるのが、
何故か10時半頃終わった。
連休明けというのに。
こんなに早く終わったことは無かったのになぁ?

で、結局検査結果、最悪。
前前回悪かった数値が前回回復していたのに気を良くした怠慢かな?

猫の育て方の反省

何度も書いているが、猫を育てるのはふうが初めて。
生後45日ほどで我が家にやって来た。
貰った次の日、動物病院へ連れて行き、診察して貰った。

その時、猫は自分で綺麗にするのでシャンプーしなくて良いし、
年に一度ワクチン接種だけだと聞いた。
フィラリアもしなくて良いと聞いたような。
お金も掛からなくて助かるなぁと感じた記憶が。

貰って帰った日、猫砂を入れたトイレに一度入れただけで、トイレは完璧。

ほんとに猫って手間がかからないんだなぁ。
と感心して、何も教えなかった。
が、今に至って「しまった!」と思ったことが「シャンプー」。
何時も自分で綺麗にしているので、気にならないのだけど、
シャンプーを慣れさせて置くべきだったと反省している。

水を流した直後の風呂場とか台所の流しとか平気で歩き、
ところかまわず手足をピッピッと振る。
あっちこっちに猫の足跡が。
ま、足跡も可愛いんだけどね。
でも水をかぶるのはすごく嫌がる。
当然だと思うけど、テレビなどで風呂に入っている猫を見ると
なんか羨ましいな。

キャットウォークなんか作らなくてもいいのね?

 

 

 

 

 

 

シャンプーを怖がるドーベルマン

毎回シャンプーの時手こずるのがドーベルマン。
雰囲気を察知して、早々とハウスへ閉じこもる。
当然呼んでも来ない。
首輪を掴もうとしても届かない。
おやつで釣っても引っかからない。
毎回首輪を引張って、風呂場へ引き込む。
と、とってもめんどくさい。

適度のお湯で優しく声をかけながら洗っていても、
何故かブルブル足が震えている。
これ迄手荒に扱ったことは無いのだけどね。
短毛だから洗いやすいのだけど、
るいのシャンプーは中途半端に腰を曲げるので結構辛い。

素直に風呂場へ入って行くのが ゆず。
決して好きな訳では無いのだけど、私の褒め言葉と後のご褒美目当て。
ゆずはシャンプーの後、テーブルの上でドライヤー。
大体乾いたら完全に乾くまで自由にさせとく。
そして完全に乾いたら、ブラッシングと足の先・足の裏の毛のカット。
最後が爪切り。
と、結構時間がかかる。

27歳の時腰をねじってから云十年腰痛三昧。
あちこちと治療に通ったが全く良くならず、痛いのが当たり前で今日まで来た。
半年前頃から寝返りも出来ない程に辛くなったが、
どうせ医者に行っても治らないと思っているので、我慢している。
その体に鞭打っての作業なので、終わった後真っ直ぐ立てない。

ゆずはシャンプー・爪切りは店でして貰えるけれど、
るいのシャンプーを頼めるところが無いのね。
出来る限り頑張らねば・・・

孫とデート

昨日、娘と孫二人は開始時間から最終時間までカラオケで楽しみ、
帰って来たのは20時半頃。

私は18時半頃に、もう一人の孫・娘の長男が家まで迎えに来てくれ、
食事に連れて行ってくれた。
「おばあちゃんの食べたい物何でもいいよ・・・」と、優しい気遣い。
就職して最初のお中元で、私に贈ってくれ、
お歳暮でも予約してくれてるそうな。
挙句、食事まで連れてってくれ、御馳走してくれた。
初デートよ。
幸せ者のおばあちゃんよね。

娘も息子も優しく気を使ってくれる。
離婚してから、二人の子供が私を守ってくれているのを十分感じてる。
それが孫までに浸透している。
3人の孫はとってもとっても優しい。

住む家は雨が漏らない程度のボロ家。
その上収入源が無いので、何もしてやれない。
なんとも情けないわ。。。

人見知りしない猫

14日から娘と孫達が来ている。
娘が玄関から荷物を2階へ持って上がって行ってる時、
何処からかふうがやって来て、一緒に上がって行った。
キャリーバッグを開けると、直ぐ様その中へ入って寛いでいたらしい。

初対面では無いが、4ヶ月前に3日ほど逢っただけ。
夕方から孫たちも加わっても、同じように付いて行ってた。

先日友達が来た時も、初対面だったが側の椅子で寛いでいた。
なんと!フレンドリーな猫なんだろう。

呼べは返事しながらやって来るし、
私が別の部屋でなにか作業をしていると、必ず覗き込んで見ている。
朝晩の食事どきにはテーブルに座って、自分の番を待っているし、
ゆずやるいのトイレの後、ご褒美をあげるのだが、
そのご褒美もしっかりと貰うつもりで待っている。

猫を飼うのは初めてなので、これが普通なのかどうかは分からない。
が、私が勝手に抱いていたイメージとは違うなぁ。

小心者のドーベルマン

パソコンがきっかけで知り合った友達と、久しぶりに会った。
もう?知り合ってから何年になるだろう?

その人は、犬が怖くてとても苦手とのこと。
が、イザベラドーベルマンの「るびー」は怖くないらしかった。
もう1匹ご近所のブルドックも怖くなかったそうな。
(その子が先日天国へ旅立ったそうな)

頼んでおいた餅米を、その友達が今日持って来てくれ、
久しぶりにお好み焼きの「牡蠣オコ」を食べたいとの要望で、
その材料等を持参してくれていて、牡蠣オコパーティー。

るびーは、一度会った人には吠えたりはしなかったけど、
るいは、一度会おうが二度会おうが必ず吠える。
(私家族以外は信用していなくて、怖い存在)
なので人が来てくれる時は、ハウスに暫く閉じ込めていて、
私と仲睦まじく会話しているのを暫く聞かせてから、ハウスから出す。
すると、興味津々に個体チェックし、
それからその人に甘えだすというパターン。(めんどくせー!)
(この作業(?)を抜いたことがないので、
しなかったからどうなるかは確認していない)

ドーベルマンは「一度会った人の匂いは覚えている」と聞いていたが、
小心者のるいはどうなのかは?(噛み付くようなことは無いと思う)
でも、友達で実験するわけにはいかないものね。

今日もハウスから出すと、匂いを確認し、
それからべったり甘えモード。
(車を認識してからリビングに落ち着くまで、吠えまくり状態で、これが毎回)
ほんと!小心者のドーベルマンだわ!

叱っても悪びれない猫2

6月から今日まで飼ってきて、
最初は嫌われないよう叱らないように育てて来た。
が、結構人間側からみて悪さも多かった。
一番気になったのは、ゆずを襲って噛み付くこと。
毛も多いので、噛みつかれても毎回応える程はない。
でも時々悲鳴をあげるほどダメージが有るよう。

結局ゆずは、
るいにいじめられ、ふうにもいじめられ・・だ。
るいは大きさゆえに太刀打ちできないが、ふうには対等に出来るはず。
でも優しい性格のゆえ、怒りもせず、やられっぱなし。

私的にはこれ迄育てて来たワンと同じつもりだった。
駄目な時は駄目と叱ったつもり。
が、現状を見ていない娘が言った。
「ふうに甘すぎるよ。」と。

で、その後ふうを意識的に結構強気で叱っている。
(お尻を叩く等)

今日も何が気に触ったのか・何でも無かったのか?
突然私のふくらはぎに噛み付いた!
(何に反応したのか分からない?遊びかもね?)
なので「コラッ!」と叱りつつ追いかけ回した。
(一回はお尻ペチ出来たよ。)
(嫌われても仕方ないと覚悟はしている)
何処へ行ったのか分からないその後、
「ふうちゃん おいで!」と呼んでみると、
2階から普通に降りて来た。
根に持っている風もなくね。

結局、
叱られているのを忘れているのか?
覚えてないのか?
(同じだったな?)

猫はバカのか?

コナンの主題歌dpsの「タイムライン」

先日、久しぶりにiTunesを起動してみたら、購入した曲が1曲しか入って無くて、
以前入れてたはずの300曲ちょっとは何処へ行ったのか?
iTunesのフォルダをたどってみたが、無い?

歌は外付けのハードディスクへ保存しているので、改めて曲を入れ直し、
そして「名探偵コナン」の主題歌「タイムライン」を購入した。
うっかり空っぽのiTunesとiphoneを同期してしまったらiphoneの歌が消えてしまう。
(らしい? 実際はどうか知らないけど。)

ソフトをインストールすれば、iphoneからiTunesへ同期・転送が出来るようだけど、
iTunesで歌を聞くことは無いし、
今回購入した曲を含めたMyCDを1枚作るだけだから。

昔は何曲か入っているCDを買って、その中の1曲をパソコンに取り込んで・・・
と結構無駄なことをしていたが、今は1曲だけを買えるので、
金銭的にも無駄がないし、置き場所にも困らない。
ドラマの主題歌など気に入ったのを結構買っている。

ビールを飲みながら、KENWOODのミニコンポで楽しんでいる。
(後は寝るだけの、用事を全部済ませた後の深夜ね)
音量を上げているので、外へ漏れないようイヤフォンで・・・

ワンとニャン達は、仕方なく私の唸り声を側で聞いている。
勝手に寝床へ避難してくれても良いんだけどね。