運動

るいの前に飼っていたドーベルマンの「るびー」。

紐付のボールが大好きで、

誰が居ようと、ワンが居ようと、

投げたら一目散に取りに行き、私に持って来て、

「さぁ~、早く投げて!」と催促し、

走りまくる。

なので、ノーリードでも、全く他に目を向ける事は無かった。

犬連れのオーナーと話をしていても、遠くで見ているだけ。

私が呼ばないかぎり、絶対寄って来ない。

だから、安心してノーリード。

自由に走っているので、結構な運動量だと思う。

 

るいもノーリードで好きなだけ走らせたかった。

なので、るいを飼うに為に家の四方を囲む工事をした。

毎日外に出して、家の周りを何周も走らせている。

日光に当てるためもあるしね。

 

でもそれだけでは駄目よね。

一周してもたかだか40m。

一回で20回前後。

それが1日4~5回。

 

今日はるびーを連れて行ってた河川敷に、連れて行ってみた。

人と完全に離れた所までリードを付けて連れて行き、

廻りに誰も居ないことを確認して、リードを放した。

楽しそうに走っていた。

が、呼び戻しが弱い。

来るには来る。

が、即ではない。

なので、囲いのない所は無理のような?

 

運動” への2件のコメント

  1. 小型犬なら怖さ加減は多少緩和されると思うけど、
    ドーベルマン等大型犬は、大きいだけで✕よね。
    ゴールデンとかラブラドールとかの、
    優しいイメージの子なら別だけど、
    ドーベルマンは特に凶暴なイメージだからね。

    呼び戻しが弱いのは、
    信頼関係が弱いのか固有のものか?

    そんなことは言ってられない。
    当分は自由に離せない。ってことね。

  2. うちの“あんじゅ”だったら、絶対に戻って来ない・・・と思う。
    まだ小さい時、散歩の時にリードが外れて、追いかけようとして私が転び・・・、“あんじゅ”は遠くから転んだ私を見ていただけ。
    捕まえるのに苦労したわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です