おとなしい ゆず

普段私の足元にいるゆず。

そこにるいが割り込んで来て、ゆずをいじめたおす。

ゆずは反撃するけど、太刀打ち出来なくて悲鳴を上げる。

毎回叱るけど、るいは全く堪えなくて、止める気配はない。

最後はハウスへ逃げ込むゆず。

しかしハウスも安全な場所ではなく、

るいがしゃがみこんでからだ半分近く入っていた。

なので、ハウスの中へ逃げ込んでも、るいの顔はハウスへ入る。

なので、ゆずのハウスの向きを変えた。

CIMG1024

 

 

 

 

 

 

入り口が向こう側。

るいが入り込めないように入り口を狭める為のレンガとブロック。

何処に座っても冷たくないように新聞紙とオシッコシートを敷き詰めた。

が、見てのように新聞紙もオシッコシートも、あっという間に引きずり出してボロボロに。

不思議な事に、向こう向きのハウスの中に敷いている毛布が

度々外に出ていた。

息子曰く「るいはからだ殆サークルの中へ入り込んでるよ」と。

う~む?何か方法を考えねば?

CIMG1025

 

 

 

 

 

 

夕方、何時も側にるいが居ないので、

そ~っと様子を見に行ったら、

トイレの入口の前で、階段の方を向いてじ~としていた。

側に近づいても同じ格好。

どうやら階段の下の物置を見ている様子。

CIMG1026

 

 

 

 

 

 

私が動くとゆずもついて来るはずなのに、ついて来てない。

リビングとハウスを確認したが居なかった。

えっ!、そんなはず無いやろ!

と思いつつ、物置のドアを開けたらゆずが出て来た。

何時から入っていたのか?

ガサガサするでもなく、鳴くでもなく。

るいにしてみれば、不思議だったろうな。

物置の中は、家で一番涼しい所。

なので買い置きの食品類も置いている。

その食品を取りに時々入るが、

今までゆずが入って来たことがない。

だから腑に落ちないけど、笑ってしまった。

おとなしい ゆず” への2件のコメント

  1. ほんと!びっくりね!
    そんな所に居るなんてつゆほども思ってないもの。

    優しい子なので、アピールの仕方が、とっても控えめなのね。
    ま!今回はるいに感謝でした。

  2. るいちゃんが物置をジ~っと見ていなかったら、ゆずちゃんがそこに入っている事に気が付かず、慌てただろうね。
    これについては、るいちゃんに感謝しなきゃね~。

    この事で、もう20年位前にあった事を思い出したわ。
    床下のシロアリ駆除で畳を上げた時に、その当時飼っていた白猫の“ミルク”がいなくなって探したら・・・床下にいたの。
    階段下の収納庫のドアを開けた時にも、入った事があったなぁ。
    見つかったから良いけど、“ミルク”も大人しい子で、なかなかったからねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です