条件反射

昼食にタラスパを作ろうと、昨夜からスパゲティを水に浸けていた。

以前「ためしてガッテン!」と言うテレビ番組で

スパゲティを水に浸けておけば、

少ない水の量で茹で時間もたった2分。(だったかな?)

(麺を入れた後、沸騰してから2~3分。)

茹で時間は、時計と見た目と食べてみての硬さの好みで。

時間短縮と電気代の節約になるので、何時もこの方法で作っている。

 

今回はお皿に辛子明太子をほぐし、白だしとオリーブオイルをチョイスし

茹で上がった麺を直接お皿に取り、満遍なく混ぜる。

粉チーズをふりかけ、美味しく頂いた。

麺は鍋から直接トングでお皿にとっているので、鍋に茹で汁が残っていた。

食べた後トイレを済ませて出たら、るいが慌ててハウスへ逃げ込んだ。

「はて?何をしたんだ?」

ハウスの中には何も持ち込んでいないのを確認。

 

そして洗い物をしようと台所に立って、やっと分かった。

茹で汁を飲んでいたのだ。

元々少ないので、大した量を飲んだわけではない。

 

私は血圧が高いので、塩分には気をつけている。

なのでスパゲティやうどんなど乾麺を茹でる時、塩は入れない。

なので全部飲まれていても体に障ることはない。

が、またしてもやられた~!感。

懲りないのは私の方だね。

以前息子が言っていた。

「おかんがトイレに行ったら、条件反射の様に台所に行って、

何か物色しとるよ」と。

やっぱりね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です