犬の躾

この家で飼ったワン達。

シーズーのさくら。

さくらの子あすか。

行き場のなかったミニダックスのりょうま。

イザベラドーベルマンのるびー。

そして飼うつもりも無かったキャバリアゆず。

 

るびーを飼う時から、褒めてしつける事に徹底した。

 

此れまで自分には無かった褒めて育てること。

理想としか思ってなかった。

子供は褒めて育てる事が良いのは分っていた。

実際自分の子供で実践した挙句、

あれ買え此れ買えの失敗作だったような。(若い頃のこと)

なのでその後褒めて育てる云々は理想としか思っていなかった。

 

るびーはそれを払拭させてくれた。

なのでその後に来たゆずも褒めて躾けた。

今も信頼関係はGoodだと思う。

しかしゆずを連れて帰った当時、

座って撫でようとしたら叩かれるかのように頭を下げて逃げるようなしぐさ。

その後も、撫でようとしたら逃げる素振り。

ひょっとして人の手が怖いのか?

どう育ったのか?

生後2ヶ月で連れて帰ったが、最初からかなりの長い間このしぐさは直らなかった。

今日までゆずに手を上げたことは無い。

 

るいは褒めまくって育てている。

褒めているが焦点が合っていないように感じることも多い。

此れまでず~っとトイレはちゃらんぽらんだった。

何処にするか分からない?

教えても教えても、我慢とか無く、したい時にする。

半ば諦めていた。

今1歳7ヶ月

今殆トイレの失敗は無い。

 

正直、馬鹿ではないかと諦めていたよ~~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です