孫達とドーベルマン

孫が、長男小学3年・長女4歳・次男2歳の頃、

たまにと言うよりは再々やって来て、夕食まで済ませて帰る。
これがママ(私の娘)のストレス解消方だ。

るびーは私達の食事の時が大好き。
座卓形式のガラステーブルなので食べ物が自分の鼻の下にある。

孫達のお皿は狙い放題。
私が台所やトイレなどで離れた時は、
孫達が油断しているのを見逃さず、
遠慮無しにパクッと口の中へ。

さすがに私が居るとテーブルをぐるぐる回りながらチャンスを狙っていた。
その点、りょうまはガラステーブルの下からず~っと誰かがくれるのを、
ひたすら待っている。

るびーが食事中テーブルをぐるぐる廻るのを見て、一番下の孫が嫌がる。
なのでその時はハウスでフセをさせて終わるまで待たせていた。

それでも時たま勝手に出たりする。
私たちが笑いながら話していると、私の機嫌が良さそうだから、もう出ても良いだろうと勝手に思ってるようだ。

2歳の孫は、おやつや食事の時にはるびーを毛嫌いするが、
それ以外の機嫌の良い時は、るびーの下をくぐり抜けたり、耳を引っ張ったりと、全く恐れている気配は無い。

知らない人が見たら、びっくりするだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です