ミニダックスがやって来た日

ミニダックスの りょうま が我が家へ来たのは、1997年10月。
その時生後4ヶ月の可愛い盛り。

家を探している友達が、家がまだ決まらないのに頼んでいたワンが先に来てしまい、置き場がないと連れて来たので、取り敢えず預かる事にしたのです。

暫くして、家を購入した友達の所へその子を連れて行ったのですが、頼んでいた犬種と違うとのことで、飼う意志のない様子。

私の家で飼うのが一番良いと押し付けがましく上から目線で言いながら、いっさい抱こうともしません。

我が家には雌のシーズーが2匹(親子)いましたので、預かる前から雄は飼えないからと何度も釘をさしていたのです。

で、結局貰い手を探す事になったのですが、彼女の親戚等が連れて帰っては返しに来、別の親戚が連れて帰っては又返しに来、と4~5回繰り返していました。
それも私の所へ返しに来て彼女はノータッチです。

親戚が連れに来て、うちから直接連れて帰るので、りょうまにしてみれば知らない人にいきなり連れて行かれるのですから、不安でたまらなかったと思います。

私を見つめるりょうまを見ていると、とても可愛そうになり、うちで飼う事に決めました。

それが11月初め頃。りょうまは4ヶ月になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です