繋がっていた るびー と るい

るびーが居なくなって、立ち直るのに時間がかかった。

どの子が居なくなっても時間はかかる。

が、ドーベルマンは特別。

特にるびーは・・・・・・

 

昔テレビで見た「ドーベルマンギャング」

その姿・形と精悍さに惚れ込み、

将来絶対ドーベルマンを飼おうと思った。

でも結婚してからは借家暮らし。

犬を飼うことは出来なかった。

無理して今現在の家を購入。

最初シーズーを飼いはじめ、子供を1匹残して2匹になった。

その後、訳ありでミニダックスのりょうまを飼うことになって、3匹の多頭飼い。

そしてシーズーの子供あすかが9歳で天国へ旅立った。

又2匹なった時、どうしてもドーベルマンを飼いたくて、ネットで検索。

そこで予約したのがブラックタンのメス。

予約金で15万円を振り込んでの先払い。

生まれたのは、茶が9匹と、イザベラ3匹。

私の予約順番的にはイザベラになると言われた。

次を待つかどうかの選択を迫られた。

自分の歳を考え、悠長に次の子を待っていられないと思い、

イザベラのメスを飼うことに決めた。

その時ブリーダーさんは「イザベラなので代金を返金する」と確かに言った。

(イザベラはドーベルマンの認定なしなので血統書が作れないそうだ)

が、迎えに行った時、返金の話は全く無し。

私も気の弱い人間なので、返金してくれと言い出せなかった。

結局は先払いの15万円を払ったまま、るびーを連れて帰った。

先払いの15万円と受け取りの時の15万円で、ブラックか茶だと30万円のドーベルマンだったよう。

その金額が高いのか安いのかは分からない。

「イザベラはお金は取れないけど、色々費用もかかっているので4~5万は貰う」

と言われていた。

が、その後何の連絡も無く、返金も無し。

でも、るびーを連れて帰って良かった。

鹿児島から岡山までバリケンの中でとても大人しく、

一声も無かった。

具合がわるいのか心配したほど。

お利口で、毎日がとても楽しかった。

るいは、そのるびーのママの孫

繋がっていた。

表情が似ているのは、るびーと繋がっていた為か、

ドーベルマンだからなのか。

とにかく可愛い。

繋がっていた るびー と るい” への2件のコメント

  1. ほんとにびっくりでしょ!
    全くの偶然。
    前のブログで「ドーベルの赤ちゃん探してます」と書いたら、
    「居ますよ~」って連絡してくた方が居て、るいが我が家へ来たのだけど、
    るいのパパがるびーのママの孫になるようだとも教えてくれました。
    で、血統書を見たらるびーのママ Kuu von Erab さんが記録されてました。

    kuuさんとは逢っているので、とても運命を感じます。
    まぁ、ワンの事ですから、血は薄いですけど。。

  2. へぇ~、るいちゃんとるびーちゃんが血縁関係だったって凄い!!
    偶然なの?
    偶然だったら・・・運命よね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です