手術

娘に病院まで送って貰い、看護婦さんの指示に従った。
手術室に入る前に服を着替え、手術台へ。
血圧計を右手に巻かれ、左手も血止めをする為の器具(名前は知らない)を巻かれ、足には点滴のため針を刺されての用意。
レントゲンの用意もして院長を待つ。

局部麻酔を打ち、手術が始まった。
私の顔近くにモニタがあり、手の様子が見える。
が、見ている余裕は無かった。
麻酔があまり効かなかったのか、何本か打たれた。
それの痛いこと痛いこと。

手術そのものは、痛いなんて生易しいものではなく、痛すぎて何度か吐きそうになった。
麻酔は効いてるのか?
麻酔をしてもこんなに痛みを感じるものなのか?
などと考えながら痛みと戦った。
婦長さんが少し休もうか?
と声を掛けてくれたが、長引くだけなのでそのまま続けて貰った。

様子が分からないのでどうなっているのかも分からない。
院長と婦長の話から、ねじを回す方向が違っていたらしい。(冗談じゃねぇよ!)
その分手間がかかり、吐きそうな痛みが長く続いた。

癒着していたのかどうか分からないが、なかなか外せなくて、予定より長引いた。
吐きそうなのを我慢して、ひたすら早く終わるように祈っていたよ、私。

済みましたよ~の声でホットしたが、吐き気は結構長く続いた。

血止めの器具を外されたら、手指がはじけるんじゃないかと思うほど
しびれの強いのがきた。初めての感じ。

最初の手術は腕全体の麻酔だったので、しびれは感じなかった。

で、ショックだったのは婦長さんの言葉。
「普通は入院して、最初の手術のように腕全体に麻酔をかけるから、こんなに痛い思いはしなくてすんだんだけどね。」と。。。
( ゚Д゚)ハァ?
それを最初に言ってよ!!
再々院長は「何時でも外来で直ぐ出来るから。」と言ってたじゃないか。
だからとっても簡単なんだ。と思っていた。

そうならそうと言ってくれれば、選択肢もあった訳だ。
まぁ、今更遅いけど・・・・・

後悔しきりだ。
痛みをこらえながら、娘の迎えを待った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です